香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

立体機動装置をオフにせよ!


↑翻訳者は『神の使者』の翻訳者で、香港読書会の主催者でもある若水老師。
香港に帰還した。

出勤は明日からなので、今日は一日お休みだ。

友人と焼肉食べ放題に行くまでに、

少し時間があったので本屋を覗いてみた。

なんと、新訳版の『奇蹟講座』があった。

テキスト・ワークブック・教師用の3冊セットで500香港ドル。

6000円!安い。早速購入した。

読んでみると、中国語の方が文章が分かりやすい。

文法や言い回しが英語に近いからかもしれない。

それに漢字しかないので、文字数が大幅に節約され、

日本語版の半分くらいの厚みになっている。

これなら出張にも持って行ける。


進撃の巨人展でHMDを体験して以来、

街を歩いていても、景色がバーチャルに見えるようになった。

何の意味もない、ただの設定された映像に見えるのだ。


立体体感ゴーグルを取り去った後に見える、

本当にここに広がっている世界を感じるにはどうすればいいか、

ずっと考えていたら、それがハートだと気づいた。

感じているハートは絶対に立体ゴーグルを装着する以前の

ほんとうの自分の鼓動だ。


ハートで〝実相の世界〟(ゴーグルを取った時に見える世界)

を意識する。

いまは、何も見えないが、いずれ見えてくるはずだ。

立体体感ゴーグルには、すでに亀裂が入り始めている。

今も自分の周囲に拡がっている世界の光は、

ゴーグルの隙間から洩れ始めている。

そっちがリアルであることを意識しよう。


あっ、僕がゴーグル、ゴーグルと言っている装置は

ヘッド・マウント・ディスプレイって言うんだって。

日本語では〝立体機動装置〟。

(※ 12月17日の記事を参照願います。)


僕らの立体機動装置は、眼球であり、耳であり、肉体だ。

立体機動装置を起動させたまま、

別の機能をオンにせよ!