香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

お任せ原価計算


↑REGALの復刻版ビンテージ。

今日は雨なのに、ほとんど新品の靴を履いて出勤し、

靴ずれになってしまった。

そう言えば、新品の革靴なんて、最近穿いてないな。


今日は昼休みも取らず、ずっとデスクワークだった。

経理の真髄、僕の一番苦手とする原価計算だ。

今日中に提出しなければならないので、必死だった。

工賃を出すのに、あちこち電話をかけ、

ワーカーさんの仕事の速度をストップウォッチで

計ってもらったりして、やっと完成させた。


しかし、これを本社の会計士の顧問に見せると、

だいぶへんてこりんな数字になっていることが発覚し、

もう何が何やらわからないので、

「もうだめです。お手上げです。」と宣言した。

それからは、スカイプで会計士が言うとおり、

この数字をM39のセルに入れろ、と言われれば入れ、

この数字に1.003625%を掛けろ、と言われれば掛け、

もう自動操縦状態で、冷静で優しい会計士氏の

なすがままに…。


それでも、頭がこんがらがっている僕に、

「あとは僕がやっておきます。」という会計士氏の

天使のような一言で、ようやく数字から解放された。


あーあ、こんなカッコ悪いとこなんか、

ふぁちゃんには絶対に見せられないよ。


ということで、定時になるころには精も根も尽き果て、

奇蹟講座読書会は、予想通りのスルー。

それにしても、何で月曜の夜なのだろう。

金曜日の夜だったら、絶対に行ってるのに…。


今日の赦しは、

分離は起きてない。自分はすでに父の王国にいる、

でやってみた。

仕事中はずっと兄貴に全開モードで

過ごせるようにはなっているので、

湧きあがるちょっとした〝ムムム?〟に対しては、


分離は起きてない→故に罪などない→

自分は今も父と共にいる→私は神の子だ→渡す→沈黙


を実行しまくった。


兄貴に渡す時は、背筋を伸ばして目を閉じ、

エゴの間違った考えが、見えない塊りとなって

すっと、頭から抜けて出て行くイメージで渡している。

へんな喩えだが、

何かの霊が、すっ、と抜け出ていくような感じだ。


トイレの時以外、ずっと自分のデスクにいるので、

今日一日、何の気兼ねもなく、手を伸ばしたり、

目を閉じたり、深呼吸したり、自由にやれた。


ふと、幻想である肉体の自分が、

無意識の自分に向かって「分離なんか起きてない!」

と、すごい迫力で教えていることに気づき、

可笑しくなった。


肉体の自分が、無意識に言い聞かせているなんて、

それって、なんか、ずっと無意識に翻弄されてきた

今までとは立場が逆じゃん。


仕事を終え、外へ出ると、めちゃ寒かった。

気温は10度。ううー。さむい〜。

でも、なんだか、すっごく気持ちいい。

みんなが優しい。