香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

太陽の日曜日


↑ 川でゴミを拾うおじさん。(深圳市内で…)

土曜日と日曜日は〝お籠り〟と決まっているのだが、

逆に自分だけと向かい合える、貴重な時間でもある。


「2月までに、原価計算を完了させねばならないのに、

 あの部署は、なかなか資料を出してこない。チッ!」

「ええっ、コーヒーが切れてるよ。チッ!」

「明日は朝が早い。昼寝をしたら、夜眠れなくなる。」


さまざまな思考が湧いて出てくる。

全て、全自動大放出モードで、

頭の上の膜を開放しつつ、

間違ったエゴの思いを天に渡し続ける。


ここ数日、日本のテレビ受信ができなくなっていて、

昨日、やっとプロバイダーが来て、修理してくれた。

結果、機械の動作不良とかで、

新しい機械に換えてもらったら、見れるようになった。


それから、すでにクラウト録画されている番組を

USBに取り込み、PCで見れる機能もつけてもらった。

これで、ネット統制がされている中国でも、

USBに録画したWOWOW映画などを、

自由に観てすごせる。ひゃっほーい。


そして、数日ぶりにテレビをつけてみると、

イスラム国に拘束されている、

2名の日本人人質事件の報道一色だった。


〝誰も頼んでないのに、なんでわざわざこんな危険な

国に行っちゃったんだろう。〟


〝リアルなスリルを味わいたくて、わざわざ

危険な地帯に行く人って、いるんだよねえ。〟


〝なんで身代金を国が払わなきゃいけないんだよ。

制止を振り切って行ったんだから、自己責任だろ!〟


〝シリアの人々を助けたいと言いながら、本音は、

自分の心が助かりたかったんじゃなかったのか?〟


さまざまな〝思い〟が、わーっ、と出てくる。

1年前の自分だったら、多分、テレビを見ながら、

あれこれダメ出しをして、それで終わっていただろう。

いまは、そんなもったいないことはしない。

全部、兄貴に渡してゆく。


何にも起きてない。全部でっちあげの嘘っぱちだ →

これは自分の思いではない。なので罪なんかない →

分離なんか起こってない。自分は実相の国にいる →

兄貴、この間違った考えを全部削除してください →

透明な思いの塊りを天に渡し、あとは沈黙する。


テレビを前に何度もやる。

現場で、実際に経験せずに削除して行けるなんて、

本当にありがたいことだ、と思う。


こうやって、静かに自分を赦していく時間も、

なんか、いい。

よし。日曜日の午後を思いっきり楽しむぞ。