香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖なる気配

フェリーに乗り、1時間が過ぎるころ、

LINEの着信音が、ピロリン〜♪、と鳴り、

YOUTUBE と FACEBOOK が回復した。

資本主義国へ帰ってきたんだな、と実感する。

華やかなネオンサインと明るい町並み。

寂寥感満載な昨日までの風景がウソのようだ。

フェリーの中では何もせず、アンフィニでかかっていた

癒し音楽を聞きながら、眠っていた。

ウツボカズラ大放電をやり過ぎたせいか、

なんだか、放心状態でぼうっとしていた。

と、香港の埠頭に近づき、船が速度を落とし始めた頃、

周囲の乗客が席を立ち、出口付近へ移動を始めた。

かれらの後ろ姿を見た瞬間、形容しがたい感慨に襲われ、

うっ、と涙が込み上げてきた。


この時の感じを言葉にするのは難しい。

全ての兄弟たちの奥に、懐かしいような、

切ないような、感謝で打ち震えるような、

なんて言うか〝聖なる気配〟みたいなものを観て、

感動してしまったのだ。


この人はアラブ人じゃない、あの人は中国人じゃない、

とエゴの個人を否定した奥から立ち顕れる、

共通した一つの気配。神の気配と言ってもいい。


それは凛としたもので、優しさに満ちている。

全く同じ聖性を見出すことで、自分たちのソースは

一つだったのだと認識できる。


最近やたら〝うるうる〟が多い。

それも、突然やって来るから難儀だ。


でも、拒否することなく受け入れよう。

父の思いを受け入れる練習をしているのだ、

と思うから。