香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

全権委譲


↑僕の〝父が待つ故郷帰還プロジェクト〟に全面協力してくれている人たち

昨日は工場のアニュアルパーティー(忘年会)だった。

中国は農歴の新年を祝うので、年越しはまだである。

忘年会は近くの中華レストランで開かれ、

僕もこれだけのために、香港から参加した。


ただ、困るのが、部下から盃を差し出されると、

必ず受けなければならないという中国の風習があり、

60度くらいある〝白酒〟(バイチュウ)を、

小さなグラスで乾杯した後、一気飲みする。

社長や総経理をはじめ、社員全員から乾杯を迫られ、

ばたばたと潰れて行く日本人勢の中、

僕は忘年会の進行役という名目で、何とか難を免れた。


中でも、一番盛り上がったのは、ラッキー抽選会だ。

炊飯器、電子レンジ、ノートパソコン、i-pad など、

一応全員何らかの商品が当たる仕組みになっているが、

今回の目玉は、何と言っても、社長賞のi-phone6だ。

これを引き当てた倉庫員の男の子は大コ―フンで、

社長にキスをしまくっていた。


僕はと言えば、

みんな酔っ払って、何が何だか分からなくなる隙を

見計らい、こっそり会場を抜け出す。

そして、待っていた車に乗り込み、

8時には、例の〝うらぶれホテル〟へと戻ってきた。


↑ 今日のお昼は鶏肉豆腐弁当。

今年の旧暦新年は2月19日。

なんだか、その日に向かって時間がぎゅーっと

濃密になって行っているような気がする。

1日1日が濃ゆいのだ。

朝、仕事できつい場面に直面していたかと思うと、

昼には解決していたりする。

小春日和、雨、嵐、カンカン照りが、一日の中で起こる

と言った感じなのだ。


このように、激しく回る設定への対応を自分でやると

へとへとになってしまうので、ここは全てお見通しの

頼れる兄貴に全権を委譲する。


スケジュール決定、会議での発言、同僚とのやり取り、

生活上の取捨選択など、マネージメントを

専属顧問である兄貴に一任し、肩代わりしてもらう。


「兄貴。僕の代わりに全てやって下さい。」

とお願いし、兄貴を前面に押し出して発言してもらう。

その時の感覚を言葉で表現するのは非常に難しいのだが、

一瞬、強く兄貴にお願いし、あとは真空状態でいる。

そして、その時々で直感的に出てきた言葉を発する。

直感的に感じた事を即、実行する。

そのときに出てきた言葉や行動が、

たとえ相手を攻撃するように見えるものでも、

エゴ的に見える事柄でも気にしない。 放っておく。


すると、最後にはちゃんとなるようになる。

たとえ、後味の悪い結果になったとしても、


これはウソだ→分離はしていない→罪なんかない

→こんなものは信じない→兄貴に削除依頼

で明け渡すだけだ。


話は変わって、

旧正月の休み中、奈良でお籠りを計画中。

『ジンジャー・タウン』が、出版社指定の原稿用紙

300枚中、248枚に差し掛かりつつあるので、

この休暇を利用して、一気に追い上げを図ろうと

思っている。


ああ、あと一週間で2週間の正月休暇だ。

でも、少し風邪気味で喉が痛い。

明日、会社休もっかなー。