香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

セックスとDNA


↑この商店街、中学時代から全然変わってない。

今日から大阪の実家にいる。高山右近のふるさと…。

で、香港強制帰還道場もしばしお休みである。


今回の休暇では、書きかけの『ジンジャー・タウン』

を原稿用紙 300枚にするという任務が待っている。

まあ、誰に命じられた任務ではないけれど、

静かにお籠りを計画中である。

今日、実家で父親と一緒に『Mr.サンデー』を見ていると、

若者のセックス離れについてやっていた。

今、29歳以下の男女49%に恋愛経験が一度もなく、

セックスの経験もないという。

それは、草食系男子だけでなく、以前、肉食系と言われた

女子も同じらしく、50%がセックスの経験なし、

ということだった。


街角のインタビューでは、見るからにモテそうな男女が、

別に付き合いたいとは思わない、

結婚にも興味がない、

セックスなんて面倒くさい、と答えている。

彼らは、挫折して傷つきたくないのだ。

この不景気で結婚に意味が見いだせないに違いない。

ネットバーチャルが発達し、セックスよりも、

1人で何かしているほうが楽しい、など、

おっさんらはいろいろ分析していたが、

見ていると、そんなことではなく、

恋愛やセックスなんて無意味だ。

本当に生理的に興味が持てない。

ひとりで十分楽しいし、幸せだ。

とまあ、欲望がなくなった、いうのが本音のようだ。


肉食系女子という言葉を生み出した牛窪さんは、

「これはもう草食系を通り越して、絶食系ですね。」

と、この〝絶食系〟でまた本が一冊書けそうだと

ホクホク顔でコメントしていた。


僕が思うには、多分、今の10代、20代の人たちは、

DNA自体が組み替えられて生まれてきているのだと思う。

結婚やセックスの繫がりは、真の繫がりではないと、

すでに分かって生まれてきているのだ。


僕も一応男なので、セックスに興味がない、

と言えば嘘になる。

むしろ、ほかの人より欲望は強いほうだったと思う。

〝だった〟と言うのは、ここ3年で、

性に対し、ほとんど興味がなくなってしまったからだ。


年を取ったからだ、と言われればそれまでだが、

天城越え以降、ハートのエクスタシーに触れているほうが、

気持ちがいいし、オーガズムになった。


セックスはしてもしなくてもいいし、

結婚もしてもしなくてもいいのだと思う。

幻想なんだし。


ただ、生めよ、増やせよ、地に満ちよ、

というのは、エゴの絶対課題なのだ。

子供が生まれなくなれば、エゴは存続できなくなる。


自己にとどまり、孤独にとどまり、

どこまでも、とどまって、とどまって、

最後にすべてと繋がってゆけ。


ある哲学者が言った言葉を思い出す。