香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

グルッピーで気分爽快!

2月19日(木曜)が、旧暦の元旦にあたるわけなのだが、

この日に向かって、肉体的にも精神的にも、

全てを出し切ろうとする、

目に見えない動きを感じている。

精神的な、訳の分からないもやもやは、

どうやら先週出し切ってしまったようなのだが、

今日は身体に来た。


本当は、おみえさんとデートの予定だったのに、

何を食べ違えたのか、おなかがグルッピーになり、

10分とトイレから離れられない状態に陥ってしまった。

もう、お尻が水道の蛇口状態…。(笑)

腸に水がたまると、一気にシャーッという感じだ。

本当に〝出し切る〟とはこの状態をいうのだろう。


駅前の病院をみつけて入った。

待合室の患者さんが、みんな半端なく太っているので、

なんでだろうと思っていると、糖尿病専門医院だった。

坂田利夫そっくりな60代くらいの先生は、

ロンドン帰りの、かつて神戸大で医局長をしていた

という、かなり白い巨塔な人らしい。

(待合のおばちゃん情報。)


丁寧に問診されたあと、抗生物質と整腸剤、

そして経口補水液のOS−1を処方された。

「今の状態では外出もできないので、

一時的に効く強力下痢止めとか処方してもらえませんか。」

すぐにでもラクになりたい僕が、坂田利夫先生に訊く。

「いま、ここで抑えてしまうより、ちょっとふんばって

最後まで出し切ってしまったほうがはやいですよ。」

という先生の言葉に、ああそうか、とピンと来た。


そうだ。僕は兄貴に導かれてるんだった。

完璧なマネージャーである兄貴を選ぶと決めたのだ。

よくなろうが、悪くなろうが、自分では何もしない。

たどり着く先を知っている兄貴が、

ちゃんと導いてくれるはずだから、

信頼して、ただ任せていればいい。

そうだ。出し切るのだっ!最後の一粒まで…(笑)


夜になると、だいぶ腹のほうも落ち着いてきて、

腸全体が丸洗いされたような爽快さと、

身体が入れ替わってしまったような脱皮感

に包まれた。

幻想とはいえ、明け渡しを進めてゆくと、

細胞も組み替えられてゆくのかな?

それにしても、同じグルグルになるんやったら、

先週にしてくれ、兄貴!

日本で美味いものをたくさん食いたいのに…。

2015年はなんか特別な一年になりそうな予感。

楽しみだなあ。