香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

経る時

お籠り4日目!!

今日はずっとラウンジで書いた。

デカダンを気取り、昼からマティーニを飲んだりして、

気分だけはいっちょまえに、梶井基次郎である。

この写真に写ってるお父さんがまた傑作で、

奥さんに今日は何月何日かと訊き、

奥さんが、今日は2月〝はつか〟だと答えると、

「え? 2月〝とおか〟?」と聞き返す。

「違うわよ。2月〝は、つ、か〟でしょ。」と教えると、

「えっ? 〝ついたち〟?」とまた聞き返す。

「だから〝はつか〟なの!2月〝にじゅうにちっ〟!」

「おお。にじゅうにちか。ということは〝はつか〟やな。」

だって。


「ほんなら、しんいち(多分息子)ももうすぐ

大学を卒業して帰ってくるわけやな。」とお父さん。

すると、奥さんがすかさず、

「しんいちは60歳! もう定年です!」

と、返す。


その後も二人は、これ以上でもこれ以下でもない

会話を続けるのだが、このボケとツッコミと三段オチ。

すごすぎる。そして、とても素敵だな、と思った。

というのも、

お二人はすっごく楽しそうに会話をされていて、

お茶を楽しみながら、晩年のとても平安な時間を

共に過ごされているように見えたからだ。


それにこのお父さん、

完全に時空を超越してしまっている。

まるで自由に時間をテレポテーション

しているかのようだ。

お籠りの成果は、全部で9万7千字。

10万字には程遠いが、創作三昧の、

とても幸せな時間を過ごすことができた。

ホテルの皆さんも、お客さんもみんな優しかったし、

鹿も見れたし、不思議な体験もしたし、

とにかく感謝に満ちた4日間だった。