香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

耐えて、偲んで、ああ涙…。


↑橋本合宿の帰りにのりちゃんの家で。

今日は自分のオフィスの片づけをした。

去年からずっと外ばかり飛びまわっていたので、

古い書類や、不要な物を処分する暇がなかったのだ。

パンフレット、カタログ、古い帳票類、書けないペン、

飛行機でペチってきたスリッパやブランケット、

ホテルのシャンプーや櫛など、まあ、でるわ、でるわ。

なぜか、ものさしが6本も出てきた。


そして、フォルダーの中から一枚の書類を発見する。

2013年の夏、和歌山の橋本で、

初めてハレ師匠の講義を受けた時のメモ書きを

整理して打ち直したものだった。

うわっ、懐かしいー。

2泊3日の合宿だったが、温泉も、部屋も、

朝ごはんも、ずっとハレ師匠と一緒で、

その間、ずっと質問攻めにしていたっけ。

夜寝るときに部屋のエアコンを消し忘れ、

ハレ師匠に風邪をひかせて、

みんなから叱られたのを覚えている。

あれから二年強。ずいぶん遠くまで来たもんだ。


↑橋本合宿での朝食。
そういえば、藤あや子の《女泣川》を聞こうと、

ようつべを検索していて、何の因果か、

あやこさんの映像を見てしまってから早4年が絶つ。

それまでは、スピリチュアルとは全く無縁な、

来月の財務諸表の数字を気にし、

〝あなたを待って15年。耐えて、偲んで、ああ涙…〟

という演歌が大好きな、

幻想どっぷりサラリーマンだった。


この4年という期間が長いか短いかは分からないが、

僕にとっては、隔世の感がある。


俺の兄貴、相当なスポ根体育会系…のようだ。