香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

つぎのタネは紡がない


↑雨の土曜日。書斎で一日お籠り。

木曜日のこと。

今日も香港でお仕事。

平和ですわあー、と、大きく伸びをしたとき、

「でも、こんなんでいいのだろうか。」

という恐れがきた。

この、ほんの微量な恐怖が、

次の投影の種を誘発し、新たな分離物語を映し出す。


こうやって、

少し幸せ→厄介事→ひと段落→次のびゅんびゅん

という幻想の循環がつづいてゆく。


このとき、恐れとも気づけないほどの微量な恐怖の元

になっているのが、隠れた罪悪感なのだと気づいた。


そんなものはない、とがっつり兄貴に渡す。


なんか、進めば進むほど、微妙なものを捉えるようになってくる。

そういう意味で、ちょっと幸せ、

そんなときこそが、一番の踏ん張りどころなのだ。


というのも、その日、夜7時ごろに家へ戻り、

『DOCTORS3』の最終回を見ていたら、

佛山工場の総経理から不在着信が入った。

こんな時間にかかってくる彼からの電話なんて、

総じてロクなことではない。僕は返信しなかった。

しかし、ずっと気にはなっていて、

あのことだろうか、このことだろうか、

それとも、工場で何か問題が?

電話をすればそれで済むことなのに、それも嫌だ。


嫌なのには理由があって、この45歳になる総経理、

僕が佛山にいると普通なのに、

いないとメールや電話で、いろいろ絡んでくるのだ。

言葉使いも丁寧で、決して攻撃的な人ではないのだが、

なにかにつけ、電話をしてきては、

ちょっとした工場がらみの仕事を振ってくる。


結局、あくる日、出勤してメールをチェックしたら、

家の用事で明日休みます、という

単なる業務連絡だったことが判明した。


実は、僕はこの人に対して、

以前から苦手意識を持っていた。

(※下記の記事をクリック、ご参照願います。) ↓ ↓

わけもなく苦手な人 - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

前世でどんなことがあったのか、

別に何をされたわけでもないのに、苦手なのだ。


いまでも、彼を〝大好きな兄弟〟として

観ていることに変わりはない。。

しかし、赦しが進み、自分が平安を感じ始めた瞬間、

その彼を使って、次の恐れの種を紡ぎだそうとする。

彼は何もしていないのに…。


大切な兄弟をそんなふうには絶対に扱わない。

詐欺師の言うことはどんなことがあっても聞かない。

押し売りは断固お断り、なのだ。


後からわかったのだが、彼は総経理になって以降、

さまざまな資料や案件事項を本社から要求され、

重責に喘いでいて、助けが必要だったらしい。


こういうとき、

エゴを選べば、次の恐れがまた出て来た、となり、

兄貴を選べば、高島忠夫現る!イエーイ!

となるのだろう。

高嶋忠夫現る! - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

もちろん、僕にとってその同僚の彼は、

おもいきり〝高島忠夫。イエーイ!〟である。


次の投影の種は、平安なときにつくられている。