香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

家賃よ!下がれ!

香港の地価の高騰が停まらない。

というのも、先週、不動産屋から電話があり、

4月9日でアパートの契約が切れるので、

契約更新をするかどうかと訊かれたので、

更新しますと答えたら、大家さんの新家賃提示額が

なんと、27,000香港ドルだという。

今の家賃でもすでに高いと思っていたのに、

に、に、にまん、ななせん、香港ドルーっ!?


なに考えてんねん!


とはいっても、4月9日までに新しいアパートを探し

引っ越すのも時間的に無理だし、

何より、裏に森や川があり、丘を降りれば、

AEONとAPITAがある環境は魅力である。

不動産屋さんの担当者に24,000香港ドルで

再度交渉をお願いし、電話を切った。


香港では、どの賃貸物件も必ず2年契約となっていて、

そのうち13か月を過ぎた時点で、解約が可能となる。

例えば、入居して3ヵ月後に引っ越そうとすると、

残りの10か月分の家賃も払わなければならないのだ。

なので、たとえ幽霊がでるいわくつき物件であっても、

13ヶ月間は我慢して住まなければならない。


地価が上がり続けている最大にして唯一の原因は、

投資目的で物件を買い漁っている中国富裕層だ。

社会主義国である中国で家を買っても、50年たったら、

家や土地は自動的に国家へ返還されてしまう。

しかし、香港だと完全に自分のものになるので、

金に糸目をつけない人たちが、

大陸から大挙して押し寄せてくるのだ。


↑地震がないので40階建てでも平気。
結局、本社に申請を上げ、25,000香港ドルまでなら、

という条件付きで、稟議が通った。

それであとは大家さんとの交渉次第、ということだ。


しっかし、家賃、高すぎる。

相場を調べてみると、香港島ではもう、

どんなぼろアパートでも、

10,000香港ドル以下の物件は見当たらない。

九龍地区でも、築40年、四畳半にキッチン風呂付で

最低8,000香港ドルもする。

そういう意味で、会社に家賃を出してもらえる自分は

まだ恵まれているといえるのだろう。

本当にありがたいことだと思う。


そんなことを考えながら、またまたケリーの横で、

ウツボカズラ大放電!


やっぱり、なにも起こってないんだ。



兄貴と会話する。


たとえ大家さんが交渉に応じず、

いまより狭い家に引っ越すことになっても、

また、差額の 2,000香港ドルを自分で支払い、

生活を切り詰めることになったとしても、

僕は赦す。絶対に赦します。

起きていないと、ただただ、兄貴に委ねます。

でも、兄貴!大家さんがもし、

25,000香港ドルでいいと言ってくれたら、

それはそれで、まあ、よくってよ。

だって、希望をだすのはOKだって、

乙女ののりちゃん講義でも言ってたやん…。


こんな自動的に湧き上がる設定の思いを、放出する。

何があっても、父以外のものは要りません。

いいよ。いいよ。なんでも。

虚の世界で何がやってきても、

それを信じないし、取り込まない。




ああー、でも…。

あ、あにきぃーっ!お願いや!(それが本音かい!)