香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

水虫っぽいので大作家

水虫っぽいの、になった。

じめじめしたこの春の季節に香港で流行するので、

中国語では水虫のことを〝香港脚〟と呼ぶ。

香港に来てから何度もなっているので、

あまり気にせず、市販の薬を付けていたのだが、

一向に良くならず、昨日は革靴が履けないくらいに

腫れてきたので、掛かり付けドクターである、

ケネス・ホー先生に診てもらった。


看護士さんにどうしたのかと聞かれ、

「ええ。まあ、ちょっと、脚が痒くて…。」みたいなことを言うと、

「ああ、水虫ね。」と大声で言われた。

てか、なんで、そんなでかい声で言うねん!


先生に診てもらったら、水虫ではなく、何かの傷に、

ばい菌が入って、炎症を起こしている状態だという。

水虫だと思い込んで、勝手に市販の薬を付けていた

のも逆効果だったとか…。

消毒薬と抗生物質を処方され、

様子を見ることになった。

そう言えば、あのうらぶれ桃園ホテルに泊まった際、

備え付けのサンダルを履いた直後から、

なんか足がむずむずし出しておかしかった。


↑1日2回、足を薬水に浸ける。めんどいのでやめた。

病院へ行ったその日、この〝水虫っぽいの〟を使って

〝意味づけ変更ワーク〟をやってみることにした。

これは、アンフィニ時代によくやっていたワークで、

身体に痛みや痒みなどの不具合が生じた際に、

「どうしよう。重い病気?癌?心臓病?破傷風?」

と、自動的に行なってしまう負の意味づけを、

「これは、わたしが○○になるために起きている。」

という風に入れ替える方法だ。


「この水虫、かゆーいっ!」となったら即座に、

「この水虫は僕が大作家になるために起きている。」

という風に、ワクワクする夢に関連付けて置換える。

水虫と大作家がどう結びつくんだ?

と思うかもしれないが、量子の0と1の最適化は、

意味づけした瞬間に設定され、

それに向かって進んでいくので、

「この頭痛は、来月行く旅行のために起きている。」

「この胃痛はダイエット成功のために起きている。」

「この捻挫は最高の恋人に出会うために起きている」

と、なんでもいい。

あとは量子が0と1を最適化させてくれる。

その肉体の痛み自体とかけ離れている方が楽しい。


本当は、全ては幻想で、何も起こっていないし、

痛みや痒み自体もない。

それに、兄貴だけを選び続けてゆくと、

痛みや痒み自体も神の愛にしか感じられないのだが、

たとえば、歯がギンギンに痛いときに、

いくら兄貴に明け渡せって言ったって、

なかなかキツいものがある。無理だよ。

だって、実際にすんごく痛いんだもん。


それに「自分は今も父のもとで安らいでいる。」

と、身体が苦しい最中にやっても、

ピンとこないし、第一安らいでいるどころではない。


なので〝起こってない〟の前段階というか、

応急処置として、これもアリだ、と思う。

それに、本当に意味付けが変われば、

量子はそちらへ事を運んでくれる。


というわけで、僕は水虫っぽいのになったことで、

村上春樹大先生をしのぐほどの大作家になれるのだ。

治れば、そのまま忘れていい。

あとは量子が設定をどこまでも突き進んでゆく。