香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢の続きはもう見ない

バルセロナでこの像を見た時、大きな衝撃を受けた。

自分そのものだ、と思ったからだ。

大きく開いている扉を背にして、

自分は柱に巻きついた縄をきつく握りしめている。

柱に縛り付けられ、身動きが取れないと思いながら…。

しかし、周囲では半パンにTシャツ姿の観光客たちが、

陽気にはしゃぎながら扉を行き来している。


縄などなかった、ということに気づく。

手放す縄さえない。夢を見ているんだ。

その根底にあるのは、自分に罪はない、

というきっぱりとした自覚だ。


金曜日の夜からずっとお籠りをしていた。

こんなに寝れるのか、というほど寝た。

その間、夢をいくつも見た。


自分はまだ子供で、自宅にいる。

両親とドライブへ行くと言うので、

トイレへ行って外へ出てみると、

両親はすでに車で行ってしまった後だった。

家に戻ると、家財道具全てがなくなっている。

もう両親は戻ってこない。自分は捨てられたのだ。

と悟った瞬間、何もない家の中で、

深い喪失感と悲しみに打ちひしがれた。


両親がいなくなった。もう戻ってこない。

どうしてよいかわからない。

親戚を訪ねてみようか、

隣の家の子になろうか、

それともここで両親の帰りを待ち続けようか。

ちょちょまう頭で、思索を巡らす。


ある日、両親が戻ってきた。

父は何食わぬ顔で新聞を読んでいる。

怒りがわいてくる。

僕は父に抱きつく代わりに、

父に泣きながら殴りかかった。

父は僕に叩かれながらも、笑っている。

そこで目が覚めた。


最近こういう類の夢を毎日のように見る。

そして、夢から目覚めるたび、

もう夢は見ない、という意欲を持つ。


こうして寝ている夢から覚めたあとも、

布団の中で「今いるこの現実の世界も全部夢なんだあ」

と実感する。幸せな感じが込み上げてくる。

ああ、しみじみ、よかったあぁー。