香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

がんばれ久美子!


↑ 兄弟てっちゃんが作ってくれました。

昨日一日、香港事務所で、各拠点ごとの

予算実績管理表をチェックしたり、

ローン契約書にサインしたりして過ごした。

ずっと、デスクに座り、パソコンの数字と

にらめっこしていると、数字について、

ある感慨がわいてきた。


僕たちは数字の権威を信じている。

「大体このくらい」という曖昧な量を数値化すると、

たちまち信憑性を帯び〝信じてよいもの〟に変わる。

売れ行き、順位、身長体重、年齢、収入、所要時間…。

数字って、レベルの差を見るための、

もっとも最強なエゴのツールなんだな、と思った。


租税公課いくらいくら、業務委託費いくらいくら、

この人の年齢何歳、あの人の給料いくらいくら…。

今日1日数字を明け渡しつづけた。


信じない→差などない→神の子しかいない→削除依頼


と、まあこんな感じで、ここ最近は平安である。

なので、平安だからこそできる赦しをしている。

安らいでいる時、不意に出てくるちょっとした

〝チッ!〟を捉え、きちっと赦してゆくことで、

次に映し出される投影を取消すのだ。

例えば、

エレベーターが閉まる寸前にばんっ、と手を扉に挟み、

むりに乗り込んでくる人とか…。


さっきちょっと昔のブログを読み返してみたのだが、

起こっていること自体は当時とさほど変わらないのに、

いま、毎日がやたら平静で穏やかである。

職務が変わったからと言って、以前起こっていたような

きつい出来事が消えてしまったかと言われれば、

そうでもない。出来事自体は起こっている。

なのに、平安を感じるのはなぜだろう、


そう言えば、この世界が幻想だと、

完全に、本気で100%、心底納得した瞬間があった。

その時から赦しに手ごたえが出はじめ、

相手の見かけに騙されなくなったな、

ということを思い出した。


この世界は、夜眠っているときと同じ、ただの夢で、

夢の登場人物も、地下鉄も、会社も、ネットも、

全部自分(意識)が投影している妄映だ。

本当に妄映だと心底腑に落ちて、

このスタンスで24時間過ごすようになれた頃から、

〝見かけの差〟を信じなくなった。


兄貴へ差し出す〝不要な思い〟を

深刻にならずに明け渡せるようになり、それ以降、

本当に起こっていないとを自覚できるようにもなった。


それまでは、起こっている事をリアルに喋った後に、

「まあ、これも起こってないんだけどね…。」

と、付け加えるように納得させるような赦しだった。



昨夜は晩ご飯を食べた後、8時くらいに寝てしまった。

結果、10時間くらい寝た。

そう言えば、今日は大塚家具親子対決の日だ。

がんばれ、久美子!