香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄貴はあなたを放さない


↑今日は友人ととんかつ定食。

朝起きたら、外で蝉が鳴いていた。

昨夜も蛍が飛んでいるのを見つけ、

うわっ、もう夏なんだ、と感慨を新たにした。

でも、土を探すのも難しいこの大都会香港で、

蝉や蛍に出会える環境は本当に貴重だと思う。

ありがとうございます。社長!(て、そっちかい!)


最近、聖霊に全託していると平安で幸せか、

という質問を何人かの方から頂いたのだが、

そうではない。むしろ逆だ。

ひとつ明け渡すと、、その赦し自体は消えるのだが、

「はい、次はこれね。おっ、赦しよった。

 じゃあ、もうちょっと大胆にいってみよう!」

という風に次から次へとやってくる。

「だって、今回で終わるんでしょ。

 だから、そのバージョンでやってるんですけど。

 なにか文句でも…?」

てな感じである。


僕の場合、もう年が年なので、店じまい納得なのだが、

自分で操縦席に座りたい人は、思い切りやればいい。

だって、頼れる兄貴を知ってしまったら最後、

聖霊を忘れることも、聖霊を知る前に戻ることも、

もうできないのだ。

どんなにあがいても、兄貴はあなたを放さない。

だから大丈夫。

安心してやりたいことをやればいい。

たとえ、それがエゴであったとしてもだ。


なぜなら、あなたは聖霊を知ってしまった。

ここはもう、腹をくくるしかない!

覚悟しいや!(極道の妻たち風)