香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

先に渡す

今朝は直接東京三菱UFJ銀行の九龍支店へ寄ってから、

深圳の会計士のところに契約書を持って行った。

機密文書なので、自分で行くしかなかったのだ。

会計士と会っていたのは20分くらいなのに、

移動だけで往復4時間。

結局、香港のオフィスへ戻ったのは3時過ぎだった。

地下鉄だけで片道1時間。

深圳の工場がなくなってしまったので、

会社の運転手はもうきてくれないのだ。


一時間も地下鉄に乗るので、

ちょっと寝ようと、奇蹟講座を読み始めた。

案の定、2ページくらい読み進んだところで、

うまい具合に睡魔が襲ってきた。睡眠薬要らず!


↑地下鉄の改札でも、荷物をレントゲン検査に通す。

半睡眠状態のなか、

なぜだか、明日起こることを勝手に想像して、

それを明け渡していた。


明日は佛山工場へ行って、誰々に会うだろうから、

そのときに感じる小さな自我の思いと設定を、

いま、兄貴に返します。


明日はふぁちゃんに会い、

あんなことを言ったり、こんな指示を出したりして、

時にはイラッとしてしまうだろうから、

いま、この幻想の状況に対する意味づけを放棄します。


決して信じないし、採用しないし、同意しない。


降りる駅が近づく。そっと目を開ける。

あれ? まだ起こってないのに、赦しやってる。

おもしろい。