香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

月とバーボン

外は曇り時々雨。

昼過ぎに突然、ガスのメーターを取り換えると言って

ガス屋の兄ちゃんがやってきた。

そういえばお手伝いのチョイ姐が、

なんかそんなことを言ってたっけ。

ついでに家じゅうのガス管も点検してもらった。


それ以外は、昼間からバーボンを飲みながら、

『ジンジャー・タウン』を書いて過ごした。


下記『ジンジャー・タウン 星』より抜粋。



〝ポーンと月が持って行かれた話〟


太陽から離れたがっている水星を助けようと、

お月さまが、水星に向かって

しこたま大きなくしゃみをしたところ、

その弾みでお月さま自身が

地球から遠く弾き飛ばされてしまい、

気づいた時には、銀河の果てで、

訳のわからない惑星の周りをくるくる回り続けていた、

という話を、夕暮れ時のバーのカウンターで、

バーボンを飲んでいた彗星から聞いた。

「それで、お月様はまた戻ってくるのかい。」

 と僕が訊ねた。

「さあ、どうかねえ。

 向こうでの居心地はまんざらでのなさそうだったな。」

 と、彗星がバーボンのグラスを見つめながら答えた。

「実はね。

 僕が代わりに地球の周りをまわってやってもいいかな、

 なんて思ってるんだ。」

 と、彗星が呟いた。

「いや、ちょっとそれは勘弁してくれよ。」

 僕が即座に反論した。

「どうして?僕では役不足だと言いたいのかい?」
 
 彗星が少しムッとしながら僕に言った。

「いや、そうではなくてさ。

 ただ、同じところを永遠にぐるぐる回ることに、

 果たして君が耐えられるか、ということだよ。」

 僕は説得するような口調で言った。

「実は、旅を続けることに辟易していたところなんだ。

 そろそろひと所に落ち着こうかと思っているのさ。」

「それはよく考えるんだな。一度軌道に乗ったら最後、

 抜け出すのはほぼ不可能だからね。

 そういう意味でお月様は運が良かった、

 というべきだろうな。」

 それから僕たちは夜通し語り合い、

 明け方、彗星は宵の空へと返って行った。

 見れば、白いお月様が、

 こちらに向かってアッカンベーをしているではないか。

 僕はお月様に向かって、

 なんで戻ってきたんだい、と叫び、

 やれやれ、と言って大きくため息をついて見せた。