香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

土砂降りの雨の日に…

今日は佛山への日帰り出張の日。

いつものように香港からフェリーに乗り、

順徳の港に着くと、外は土砂降りの大雨だった。

迎えの車の運転手に電話しようとケータイを見れば、

製造の加藤部長(仮名)からメッセージが入っていた。

工場の雨漏りを修理する部材を買いにいくのに、

急きょ会社の車を使用することになったため、

僕には自力で工場まで来てほしい、という内容だった。

ええーっ。どうしよう。でも、まあ、いっか。

だって、これ、寝ている時と同じ夢なんだしなぁ。

と、真っ黒な空を見上げながら久々に

ウツボカズラ大放出をしていると、

目の前に赤い自家用車が停まった。

ふぁちゃんが、ちゃんと代わりの白タクを

手配してくれていたのだ。

さっすがふぁちゃん。ありがとう。

加藤部長は以前から問題の多い人だった。

命令系統を無視して、何でも社長に電話をし、

直属の上長からではなく、

社長から直接許可を得て行動してしまうので、

組織としての統制がとれなくなるのだ。


例えば、知り合いの中国人を5千元で雇いたい、

と工場長ではなく社長に言う。

「この人を雇わないと仕事ができない。」と。

社長が「いいんじゃない。」と返事をすると、

それを許可と捉らえ、即座に雇い入れてしまう。

結果、他部署の同職位のスタッフとの

給料バランスが取れなくなり、問題になる。


工場長も、雇い入れた本人が出社してきて初めて、

そのような話があったことを知るという始末。


実は、以前の記事で紹介したあの日本人男性も、

加藤さんの紹介だった。

↓  ↓  ↓  ↓
高嶋忠夫現る! - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!


総経理や工場長も、許可を出す前に、

かならず自分たちに一報入れてくれ、

と再三社長に進言してはいるものの、

性格なのか、毎回同じことが繰り返されてしまう。


僕はもう工場を直接管理していないので、

関係ないと言えば関係ないのだが、

「自力で工場まで来てください。」

のメッセージは、やはり、赦しどころだった。


これ全部起こってない→でっちあげられたデータだ

→こんなの信じないし使わない→自分は天国にいる

→よってなんの罪もない→全部持って行って下さい

→兄貴、削除してください→沈黙


工場で本人を前に雑談をしながら、これをやる。

後でやるよりいちばん明け渡しやすい。

リアルすぎる本人を見ながら、

こんな人存在すらしていない、と強力否定するのだ。


ただ、眼前の加藤さんそのものを否定するのではなく、

彼に投影されている自分の中にある分離感を、

否定し、明け渡すように心がけた。


帰りのフェリーの中では、

ベトナム語のノートを見ながら過ごした。

来月、ベトナムへ行ってみようかな。