香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の手ざわり

その彼は2週間くらい前から、

毎朝、僕が通勤する通りの地面に横たわっていた。

最初、彼を見かけたときは、服も髪も清潔で、

ちゃんと表情の動きもあった。

だが、日に日に服は汚れてゆき、

やがて横向きに寝転がったまま、

動かなくなってしまった。

香港や中国では、

ちょいちょいこういう人を見かけるので、

皆、さほど気に留める風でもなく通り過ぎてゆく。

通報して、行政が動き出す、ということもない。


昼休みに、ジムへ行く時にもその道を通るのだが、

そのときにはいなくなっているので、

多分、どこかへ移動しているのだろうと思っていた。


僕は毎朝彼を見かけるたび、

ずっと、勘違いの世界を明け渡し続け、

自分の中だけで起こっている世界を否定し、

上がってくる罪悪感を信じない、

と兄貴に渡し続けていた。


しかし、今週に入ってからは

昼休みに通る時にも移動をせず、

そこに倒れているようになった。


これはちょっとヤバいんじゃないか、と思い、

何を思ったのか、僕は彼に近づき、

肩をトントンと突ついてみた。

彼が目を開け、さっと身体を反転させた。

僕はちょっと安心して、

それから100香港ドル紙幣を1枚取り出し、

彼のふところに置いた。

彼はちょっと目を開けて僕を見たが、

僕はなんだかすごく恥ずかしくなって、

そそくさと逃げるようにその場を離れた。


その日一日、ずっと「何も起こってない」と、

設定削除を兄貴に依頼し続けながら過ごした。

兄弟はずっと完璧な神の子だ、何の罪もないのだ、

見えているこれは、みんなウソなのだ、と…。


昨日、今日、となぜか彼の姿を見ていない。

彼はいなくなっていた。

だからと言って、明け渡しが完結した

というわけではないが、ホッとしたのは事実だ。


ここ数日、人とコミュニケーションをとる際、

正面と正面でやり取りしてる感がなくなりつつある。

比喩的に表現すれば、

〝あなたのうしろ〟と〝わたしのうしろ〟どうしで、

会話しているような感じなのだ。

なんだか、空間が意味を成さなくなってきた。


とにかくもう、差し出されたものを

ただ、兄貴に返してゆくだけだ。


だって、僕はもう今回で終わりたいのだから…。