香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

旦那はマグロを捕る人で…

昨日までフィリピンのスービックにいたと思ったら、

今日は佛山である。もちろん日帰り。

おまけにずっと大雨が降り続いている。

毎日いろんな場所を飛び回るのが好き、

という人も多いが、僕は全然好きではない。

ずっと家の中にいたい。

ワイドショー見放題専業主婦になりたい。(出たあ!) 

で、旦那は遠洋漁業のマグロを捕る人…。

でも、明日一日頑張れば、お釈迦様の誕生日で、

来週の月曜まで4連休となる。きゃあーっ!

お釈迦様!生まれてくれてありがとう! 

ただ、Jのように復活してくれてたら、

祝日が増えて、もっとひゃっほーい、だったのに…。

もう少し、J並みの気合と根性がほしかった。


荷物になるからと、今日はコースのテキストも、

ベトナム語のノートも持ってこなかったので、

4Gも使えないフェリーの中では至極退屈だった。

仕方なく、瞑想がてら、じっと目を閉じ、

〝赦しの眼差しで世界を観る〟というのをやった。

赦しの眼差しって、どんな眼差しやねん、

とツッコまれても説明できないのだが、

まあ、そんな感じでやった。(どんな感じや!)


すると、夢うつつの中、あるビジョンが見えだした。

そこは、燦々と光が降り注ぎ、明るく、爽快で、

遮るものなど何もない、広大な空のような場所だ。

分離する要素も、幻想が入り込む隙も全くない世界。

「ここにいたら、分離しようがないじゃん。」

そんなことを思っているうちに、目が覚めた。


↑順徳港のイミグレーション。

〝影法師たち〟というコースの言葉も思い出す。

工場で、同僚と話をしたり、仕事をしている間も、

相手の身体に被さるようにして見えている影法師を、

ずっと否定しながら過ごした。


もう、僕にとって会社は本当に〝帰還道場〟だよ。

次から次へと、

兄貴のスポコン帰還プログラムがやってくる。

「おらおらっ!こんなことで幻想を終わらせられると

 思っているのかーっ。おるらー、こるらー」

と、バンバンスパイクを打ち込んでくる。

もうそんなのいいよおー、と脱力気味にレシーブ。


いっそのこと、浅田真央ちゃんみたいに、

ハーフハーフで…、と言いたいところだが、

いやいやいやいやいや…。

衰えつつある自我に生気を吹き込んでなるものか!

現役続行!

盆と正月だけに帰ってくる、

マグロ捕りの遠洋漁業旦那を持つ専業主婦

として生まれ変わる、なんてことは、

もうぜーったいに、ございませんっ!

(きっぱり! ちょっと未練…。←うそ。)