香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

丸山夏鈴(かりん)という設定

今日の香港は、一日中大雨だった。

雨の日に、家の中にいるのって、なんかいい。

安全な場所でくつろいでいる、という感じがする。


昼前に起き、コーヒーを淹れて、書斎にこもる。

先週考え付いたジンジャータウンのストーリーを、

原稿に起こしてゆく。

乗ってきたところで、ワインも開ける。

ああ、こんな午後が一番幸せ!

数行書いては手がとまり、また数行書いてはとまる、

といった感じではあるが、やはり表現するのは楽しい。


夜はお寿司の出前を取った。

ちょうどのりちゃんねるの時間だったので見る。

「もう、ボードの文字がぼやけてよく見えないじゃん」

トロサーモンを頬張りながらひとりダメだし!

PDFか何かにしてもらえるよう、言っとかなきゃ…。

(その前に赦さんかい← by 兄貴)


見終わったあと、考える。

被害者意識かあ…。あるなあ〜。

信じてはいないが、赦す直前に一瞬、

「こうなったのは誰々のせい。」が上がってきている。


特に外国で仕事をしていると、つくづく思う。

商談、銀行、クレーム、部門間の業務分担、

果ては恋愛や友情に至るまで、

後で自分に責任が及ばないよう、

いざとなれば誰かのせいにできるよう、

周到に頭の中で計算され、駆け引きがなされる。

自分の非を認めるなんて、

そんなの絶対にあってはいけないことなのだ。

間違っているのは絶対に相手であり、

たとえ殺人を犯したとしても、

悪いのは殺された相手でなければならない。

さもなければ、自分は、世界から、

とんでもない罰を科せられるはめになるからだ。


でも、本当はわかっている。

自分に非があるっていうことを…。

しかし、認めてしまっては元も子もないので、

何とか隠蔽しようとする。隠蔽したことによって、

余計に罪悪感と後ろめたさが強化される。

そして、自分を被害者にまで貶めることによって、

いつのまにか、加害者へとすり替えられる。


めんどくせー!


被害者は自分だ、と主張したがる自分を認めた上で、

こんな分離自体が起きていなかった、全部嘘なんだ、

と削除依頼をしてゆくのは重要だな、と思った。

それから、ぜんぜん関係のないことですが、

以前から応援していたアイドルの丸山夏鈴さんが、

22日の午後、静かに天国へ旅立たれました。

小さいときから7回も脳腫瘍の手術を受け、

最後、肺にがんが転移し、亡くなられました。

デビューCDの『Eternal Summer』も、

今回帰国したときに購入しようと

思っていた矢先でした。21歳でした。

死の前日まで、

ようつべでメッセージをアップし続け、

最後までアイドルとして生きた人でした。

肉体を脱ぎ、今は父の元で、

安らかに目醒めているのでしょう。

大切な兄弟のご冥福を、謹んでお祈りいたします。