香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

おままごとな日々

今日は一日デスクワークに明け暮れた。


設備譲渡契約書の原本を取り寄せ、

譲渡金額を確認したのち、上海事務所へ送付する。


200万元の融資の実行日を6月10日に定め、

融資後も資金にショートがないか確認する。


上海に設立した新会社の経費を策定する。


新たな顧問契約書の内容を精査し、

問題なければ、支払いを指示する。


その間にもISOの監査が入ったり、

ケリーやふぁちゃんやフィリピンのグレンダから、

支払実行依頼がひっきりなしにやってくる。

緊急の支払いで、僕が休暇中に電話をしても、

出ないことがあるので、今日中に済ませておこう、

ということらしい。


明日から長期の休暇に入るので、

今日中に全ての書類を片づけておく必要があるのだ。


フランスのリヨンにある合弁会社に電話をする。

しばらく担当者と話して、電話を切ろうとすると、

「私は来月から1ヶ月の夏休みなので、よろしく!」

だって。


そんなこんなで、結局9時まで残業した。


仕事しながら思った。

「なんだか、ママゴトをやってるみたい…。」


今日やった仕事の結果は多分、

5年後には全く残っていないと思う。

どんなに輝かしい成果を残した人でも、

少し経てば、その成果は消え去ってしまう。

残るのは「あの時はこうだった。」

という、記憶の残像だけだ。

果たしてこれって、

本当に起こっていると言えるのだろうか。

本当に起こっているのなら、

今、この瞬間も、輝かしいはずではないのか。


弁護士さんや会計士さんを見ていて思う。

何を聞いても、法律に照らし、即座に答えをくれる。

だが、もし明日から法律が変わったら?

今やってるこの契約書は全部、意味を失ってしまう。

(それがまた、中国ではよくあるのだ。)


これは、他の業界でも言えることだろう。

100メートル走ではなく、110メートル走だったら?

サッカーのゴールの幅がもう10センチ狭かったら?

金利が0.1%上がったら?

輝かしい成果も変わってしまうことになる。


条件によって変わってしまう栄光なんて、

そんなのウソじゃん。

と、契約書にサインしながら、ひとりシラけていた。


意味がないからと言って、すべてを放り出せ、

と言っているのではない。

何をしても、しなくても、設定はやってくるので、

普通にしていればいいと思う。

だが、自分が今、真剣なママゴト遊びをやっていると、

自覚しながら過ごすことは非常に大切だと思う。


夜、静まり返った事務所で帰り支度をしていると、

何を思ったのか総経理がやって来て、世間話を始めた。

あのスカイダイビングの総経理の彼である。


「今さあ。空からクラシック音楽のような音が

 聞こえてくると、世界のいろんな地域で

 話題になってるんだって。」


「最近ではUFOの目撃も多いらしいし、

 いよいよだよね。宇宙人との交流も…。」


「さまざまな宇宙人達が、核を廃止しろと、

 地球に警告を発しているらしいよ。このままいくと

 地球もいずれは火星の二の舞になるって…。」


このひと、なんで急に僕の部屋に入って来て、

こんな話をするのだろう?

さっきまで大手の得意先の商流がどうのこうのと

SKYPEで真剣なママゴト遊びをやってたのに…。


みんな、本当は気づいているのかもしれない。

いまのこの世界は、なんかおかしいぞ、って。


明日は兄弟てっちゃんち。

当分、ブログの更新はできないかも…。

いざ、昭和の世界へ、レッツゴ―!