香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

バンビちゃん

今日、奇跡講座を読みながら朝ご飯を食べていると、

僕のテーブルのすぐ下の窓辺で、

小鹿が雨宿りをしていた。

あまりに可愛かったので思わずパチリ。


と、香港から電話がかかってくる。

総経理からだ。なんだろう?問題発生か?

いきなり、切れの悪い恐怖がもやもやと湧いてくる。

鳴り続けるバイブ音を前に、

みぞおちで感じるミニびゅんびゅんを認識し、

信じない、起きてない、と宣言してから電話に出た。

明日出張で持って行く現金がないので、

用意するようケリーに言っといてくれ、だって。

それくらい、自分で言えよっ!


この種の〝なんだろう恐怖〟については、

びゅんと来た瞬間に、捉えられるようにはなった。


全部幻想だ、ということをわかりながら生きる。

この肉体の自分は自分ではない、と分かって生きる。

今日は一日眠っていた。

朝食を食べてから、夜の7時くらいまで眠った。

身体の疲れをとろうとする眠りではなく、

頭の奥がジンジンと痺れるような、

上げ潮に満たされるような、抗いがたい眠気なのだ。


〝エネルギーあたり〟を起こしているというか、

浮見堂で瞑想をし、小人天狗を見た後くらいから

身体が宙を浮くようにふわふわとする。


「これからDNAの書き換え更新をするので、

 ちょっとの間、意識をシャットダウンしててくれ」

と、兄貴が僕の意識を強制終了させているかのよう。

こういう時、せっかく奈良まで来て一日寝てるのかよ

という野暮な思考は手放し、

なるがままに任せることにする。

夜、再度、浮見堂へ行く。

そこに30分ほど佇み、部屋に帰ってきた。

頭は相変わらずじんじん痺れている。

今も眠い。が、創作を続ける。

今日は多分朝までだと思う。

なんとか、あと数枚で300枚になる。

これでジンジャータウンは完成。

がんばるぞ!