香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

否定人



久々に否定人(ひていじん)に会った。

相手の言ったことを必ず否定するのだ。

それも、一旦肯定してから…。

もちろん本人はそのことに全く気づいていない。


「このケーキ、甘さほどほどですごくおいしいね」

「そうだね。でも、あそこの何とかのケーキは、

ここよりもっとおいしいよ」


「田中さんって、服装とか、いつもオシャレだよね」

「そういうことはどうでもいいんだけど、

 それであの人ってさあ…」


「中国の株が暴落してるよね。誰々さんも100万元

くらい損をしたんだって」

「ああ、株には興味ない」


「山本さん。日本へ帰国したんだってね」

「うん。お父さんの介護があるとかで、

先月帰ったらしいよ。ま、関係ないけど…」


友人の友人で、僕はあまり知らない女性なのだが、

もう、全ての会話がこの調子で進むのだ。

だからと言って、ツッケンドンか、といえば、

そうでもなく、終始ニコニコモードで、人当たりはいい。


人って、突き詰めれば、大体において、

どうでもいいことを話している。

日常話す会話の内容も、ほとんどが自分にとって

どうでもいいことばかりだ。

僕だって、ワイドショーが大好きだが、

事件や芸能人の離婚など、

その大部分が自分とは無関係な事柄だ。

そう、僕達は普段、非常に重要で、興味深く、

自分に関係のある事ばかりを

話しているわけではないのだ。

それでも、そういう何気ない会話や話が楽しいのは、

その話の奥に流れている、

その人の〝本音〟や、物事の〝真実性〟が、

無意識のうちにあぶり出されてくるからなのだろう。

内容の重要性で交流しているわけではないのである。


その証拠に、会社の将来を左右する販売何とか会議

では、居眠りをしているのに、

誰々さんと誰々さんは仲が悪い、

といったような事には詳細に耳を傾け、

ぜんぶ話を聞いた後で〝どでもいいよ〟

と斜に構えた一言を発したりする。

〝しょうもないことで…〟とバカにしながらも、

耳を傾けずにはいられないのは、

裏に隠されている人間の〝本質〟の部分が

垣間見えるからなのだ。


僕の場合、

10年に一回くらい、こういう否定人に当たる。

多分、僕の中にある、相手を否定したい、

他人のやることなすこと気に入らない、

という憎悪からくる怒りが、

こういう人を投影させて、見せているのだろう。


僕は外へ投影するタイプだが、

内へ投影する人は、自分を否定したりする。


そして今日、否定にも2種類あると気づいた。

AではなくBだ、と別の意味に置き換える否定と、

Aはない、と削除する否定だ。

もちろん僕は後者でいく。

話は変わって、

最近〝高速サファリスライド手裏剣明け渡し法〟

にハマっている。

自我を納得させて、出てきたものを明け渡すツール

としては、かなり強力だと思う。


まず、サファリのタブのページが、

眼前に無限個連なっているのを見る。

次に、足をガ二股にして踏ん張り、

そのスライドを、相撲の張り手をするように、

両手で左右に高速スライドさせていく。

手つきとしては、手裏剣を飛ばすときのように、

しゃしゃしゃしゃ、とタブを飛ばしてゆく感じ。

飛ばされて行ったページタブは、

光に吸いこまれ、兄貴に明け渡されて消えてゆく。

そして、次から次へとものすごい速度で、

タブを手裏剣法で飛ばし、兄貴に渡してゆくにつれ、

連なっていたタブが次第に少なくなってゆくのを見る。

最後は、高速張り手から、両手を広げた大放出状態

へと姿勢を変化させ、連なったタブが全部ごっそりと

0と1となって、大放出されてゆく様を見送る。


いくら〝男版上沼恵美子〟〝男おばちゃん〟

と言われている僕であっても、

いまのところ、この〝高速張り手、手裏剣ワーク〟

を公共の場でやる勇気はまだない。


まあ、そんなこんなで、

ちょっと飲みすぎた金曜の夜でした。