香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

白いページの中に…



ああ、夏真っ盛りぃーっ!

明るい夏の日差しが木々の緑に反射し、

鳴り響く蝉の鳴き声を聞きながら、

〝NHKのど自慢〟と〝アタック25〟を見る。

こんな日曜日、ってなんかいい。


しかし、この週末は、まあ、ほとんど眠っていた。

本当に自分でもやばい、って思うくらい寝た。

土曜の朝3時に寝て、その日の午後2時に起きる。

お風呂に入って、少ししたらまた眠くなり、

午後4時くらいから8時まで寝る。

出前のピザを食べ、しばらく映画を見ていたら、

即行睡魔に襲われ、午後10時くらいに寝て、

気がつけば、日曜の正午だった。

で、いま、お昼の1時半。

また、眠くなってきた。

寝ている間、へんてこりんな夢を無数に見た。

ほとんど覚えていないのだが、

なぜか、バスの中で炊飯器を買ったり、

温泉に入っていると、突然〝気まぐれヴィーナス〟

の格好をした桜田淳子がやってきて、

僕の背中を100円で流してくれたり、

パンチパーマの人しかいない街に辿り着き、

そこから脱出しようと悪戦苦闘したり、

家でガスが漏れているので通報しようとしたが、

どうしても、電話がつながらなかったり…、


僕が夢を見ている時の特徴としては、

基本、自分が誰だかわかっていない。

電話番号を押せない、電話がかけられない。

自分の肉体がない。

鏡がない。


そんな感じの夢を見ては、目が覚め、

見ては、目が覚め、を繰り返すうち、

ちゃんと目覚めて起きあがったとき、

しばらくの間、自分が誰なのか、

分からなくなっていた。

「あれ?なんでここにいるんだろう?これも夢?」

「僕は誰?」

しばらくしてやっと〝目覚めたんだ〟と気づく。


きっと僕達の輪廻転生もこんな感じなのだろう。

いわば、まどろみの中でこの人生を送っている。

きっと、眠っているときに見る、これらの夢と同様、

なんの意味もないのだ。


↑真夏の昼下がり、と言えばこの曲

もうこの夢の世界から永遠に去り、

父が待つ故郷へ帰ろうと、

兄貴に明け渡しを始めた頃から、

爆睡が多くなったような気がする。

僕を眠らせていた方が、

兄貴は仕事がしやすいのかもしれない。


いま、日曜の午後10時。

はい。さっきまで寝てました。

それにしても、ちょっと異常だ。

病院、いこうかな?