香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

理由のない憎悪



昼から香港オフィスでお仕事。


昔、このブログでも書いたかもしれないが、

以前、佛山工場の総経理だった人が、

今、香港事務所で経営企画の仕事をしている。


異動になった表向きの理由は〝家族の世話〟

ということだが、実際には、人間関係など、

総経理の任に耐えられなかった、

というのが本音のところだった。


僕はずっとこの人に対して、

訳のわからない憎悪を抱いていた。

特に理由はない。

45歳くらいの、とても穏やかな人で、

これといって、憎む要素が見つからない。

まあ、無理に何か探せば、嫌なところとか、

何か出てくるのだろうが、

憎むほど嫌な人ではない。


この憎悪をじっと観察してみたことがある。

それはいつも、静かに心の底辺を流れていて、

自分の中にある〝嫌なことから逃げ出したい〟

という想いを相手に投影させて、

嫌なことから逃げようとするこの人を憎悪している

ということが分かった。


だが、原因が分かったからと言って、

消えるわけではない。


今日も、朝起きて、その人のことがパッと浮かび、

軽い憎しみに襲われた。


もちろん、兄貴には何度も明け渡しているのだが、

出しきれないウンチのように、どうにも気持ちが悪い。

今朝も、委ねたあと、そのまま放置プレイ。


そして、オフィスに着き、その人に挨拶したとき、

なぜか、爆発的な愛おしさが込み上げてきた。

僕はこの人のことがすっごく好きだったんだ、

とこの瞬間思った。


そんな、愛に満ちた目で見ていたからだろう。

相手も怪訝そうな顔をしていた。


兄貴はやっぱり、

ちゃんと取り消し作業をしてくれていた。


オセロが裏返るように、少しづつ、少しづつ、

間違った知覚が解除され、

ハートの想いへと塗り替えられてゆくのだろう。

きのう書いた、ジル・テーラーさんのプレゼンが

ようつべでもアップされていた。

これまでは、左脳が考え、

その考えを通して、右脳が感じていたのが、

これからは、先に右脳が感じて、

それに沿って左脳で行動するようになるのだな、

と思った。