香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

こんなのいらない

寒いよーう。

と思ったら、ケリーがエアコンを16度に設定してた。

乙女ののりちゃんだったら凍死している温度だ。

すぐにみんなを集めて話し合い、最終的には、

22度に固定することで話が落ち着いた。

22度ならカーディガンを着れば、何とかなる。

こういうとき、赦しをして、

〝寒くても悦びしかない〟とやってもいいのだろうが、

罪悪感を明け渡した上で直接本人に話せば、

事は10秒で終わるのだ。


今日の朝、ベッドの上で目覚めた瞬間、

〝もう、こんな自分、いらねえや!〟と思った。

様々なことに、オドオドと反応しまくり、

どうしよう、どうしよう、とくよくよ思い悩み、

他人の反応に反応して怒ったり、悲しんだり、

頑張って手に入れても、結局は取り上げられ…。

赦しをやっても、これでいいのかな、これでいいのかな、

と自問自問しながら、

最後は身体を脱いで、はい終わり、だ。


なんじゃこりゃ!

もういいわ。いらない。こんなの。

マルッとまるごと、神にお返しするよ。


だって、分離が一度も生じてなく、

今も自分は神の国にいて、

ハートの想いの中をたゆたっているのなら、

もうその真実だけでいい。

他はいらない。あったって、ロクなことない。

神だけでいい。神だけでいいよ、もう…。


今朝、強烈に感じた感覚を言葉にするとしたら、

まあ、大体こんな感じか。


そして、今日1日、自分を丸ごと、

神に明け渡しながら仕事をした。

神に取って替わられたい、と切に願うよ。


そんな感覚を保持しながら、

同僚と仕事のやり取りをしているうち、

やり取りをしているこの自分は自分ではなく、

故に何の責任もない設定物だ、

という不思議な感覚に襲われた。


しかし、こんなときにも、

やっぱり頼りになるのは兄弟たちだ。

もし、僕がひとり山の中で修行していたり、

働かずに家でプラプラしているときに、

こういう啓示をうけたとしたら、きっと、

変な方向へ進んで行ってしまったと思うのだ。


ちゃんと、兄弟たちとの日常の交わりの中で、

神を体験してゆくことにより、

〝勘違いの罪悪感〟も根こそぎ癒されるのだろう。

そう思うと、なんだか兄弟たちがすごく頼もしく見え、

自然とニコニコしていたのだった。