香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

うだうだ金曜日


今日は久々に、

旧ロンガン工場があった深圳で打ち合わせだった。

現地の弁護士、会計士、ふぁちゃんと…。

もう工場はないので、近くの喫茶店に集合した。


ふぁちゃんとは1ヶ月ぶりくらいに会った。

普段は佛山の工場宿舎に住んでいるのだが、

実家がロンガンなので、

わざと打ち合わせを金曜日にして、

木曜日の夕方からロンガン入りできるよう、

アレンジしていた。

たまにはゆっくりさせてあげないと…。


今日も暑かったあ。

打ち合わせは1時間余りで終了し、

地下鉄で香港の国境まで戻った。

鶏を袋に入れて乗り込んでくる人、

ミニスカートなのに大股開きの女性、

不思議な体臭を漂わせるおじいさん、など、

中国の地下鉄に乗っていて、飽きると言うことがない。

今日も、もともと10㎝くらいしかない空きに、

無理やり座るおっちゃんがいた。

10㎝なんて、もはや空きではないのだが、

このおっちゃん、まず足元に荷物を置き、

両側の人が反射的に足を退けた隙を狙って、

ぐにゅぐにゅーっとお尻をねじ込んできた。

もう、ステキすぎる!

今度、高田馬場でやってみよっと…。

電車に揺られながら、

ずっと、ハートの余韻を感じていた。

〝KA〜〜〟という発音のKでもなく、Aでもなく、

〝〜〜〟の部分のバイブレーションを、

みぞおちに感じて過ごす。

本当にもう〝これ〟があればいいのだと実感する。


ふと、あるイメージが去来した。

地下鉄も、中国も、打ち合わせも、ふぁちゃんも、

そして、自分のこの肉体も、考えているこの自分も、

全部うそっぱちで、僕たちは設定された

プログラム通りに、スマホの中で動かされている。

あらゆる行動の指示は、

スマホを神のように扱っている者からやってくる。

やってきた指示を、僕たちは自分で考えた、と錯覚し、

同じように神のように振舞おうと、

僕たちを操っている者を真似して、スマホをいじる。


自分がスマホの中の設定だ、

と認めることには抵抗がある。

だが、認めた先に待っているのは、

自分たちを操っている者をも凌駕した、

永遠の自分だ。