香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦しを仕事にする



今日はこれと言った電話もなく、おおむねヒマだった。

シッピングの女の子はお休みで、

総経理も昼前には広州へ行ってしまった。

午後からはケリーと二人、オフィスで仕事をした。


夕方、ワンチャイにある総合保険会社を訪ねた。

家へ帰宅する通り道だったので、

はやい時間にアポを取り、あとは直帰を決め込んだ。


ここは東京三菱系列の保険ブローカーで、

オールリスク保険、家屋保険、労災保険など、

香港オフィスの保険は全てここにお願いしている。

あらゆる保険会社から見積もりをとり、

一番安い保険会社をアレンジしてくれるので、

わざわざ自分で相見積もりをとる必要がなく、

とても重宝させていただいている。


そこの総経理と雑談をしている中で、

最近では、労災保険のトラブルが増えている、

ということを教えてくれた。


ファイルを取ろうとしたときに腰をひねり、

腰痛になったと労災を申請し、

補償を受けながら養生と称して半年ほど会社を休む。

そして、復帰してしばらくすると、

今度はケーブルに足を引っ掛けて捻挫をしたと、

また労災を申請して半年ほど休む。


主に20人ほどの小規模日系企業で多発していて、

昇進が見込めないノンキャリアの女性事務員

などに多いのだという。


一人がこの方法で成功すると、

真面目にやっている他の職員もアホらしくなり、

次々とまねをして休み出すらしい。

会社も一度認めたしまったため、だめとはいえない。

骨折などとは違い、腰痛や捻挫では、レントゲンなど、

はっきりと目に見える診断が出せないので面倒だ。

それに、労災認定の病人のため、解雇もできない。

総経理が言うには、日系の会社は何事も

性善説で対処するので、つけ込まれ易いのだという。


いかにも香港人がやりそうなことだ、

と思いながら話を聞いていたが、

もし自分の会社でこんなことが起きたらどうするだろう。

僕ならやっぱり、聖霊に100%一任だろうな。

もちろん、法的措置など、現実にやるべきことはやるが、

やはり、まず、聖霊を通じてその兄弟へと結びついてゆき、

兄弟と一体となって、これは幻想で、起こっていない、

故に、そんな罪悪感を振り回す必要もないのだと、

ただ聖霊と一体となって祈るだろう。


そして、完全に最後まで聖霊に委ねきれるか、やってみる。

だって、もう二度と同じ夢は見たくないもん。

なので、帰りの電車の中で、きちんと明け渡した。


そして、ゲイリーの3冊目。、

初めのほうでパーサが〝あとで教えてあげるわ〟と、

もったいぶって言っていた、あの病気の治癒について

語っている章にやっと突入した。


肉体も幻想であり、よって病気もない、としながらも、

やはり、現実的に肉体を快適に保つために必要なことは

するべきだとして、5つの部位、足、臍、胸、耳、頭、

をマッサージするのがよい、と書いてあった。


でも、これって、中国のマッサージそのものじゃん。

足つぼや耳つぼマッサージの店はたくさんあるし、

マッサージに行けば、普通に頭も揉んでくれる。

垢すりでは臍も10分くらいかけて掃除してくれるし、

まあ、あとは、胸かな。

俺は男なので、胸を揉まれることは、そうそうない。

しゃーない。

こればかりは自分でやるしかないか…。