香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

バコーン



読み終えた本が何冊かたまっていたので、

赤い画用紙を買ってきて、カバーをつけた。

カバーの色を統一して本棚に並べると、

インテリアにもなり、とても美しい。

本の題名は下のほうに記しておく。

以前、ハノイに留学していたときに、

フランスのテレビ局〝MONTE5〟の

インテリア番組でやっていたのを見て覚えた。

日本から届いた本をやっと読み始めた。

海外配送は送料がかかるので、

えいやーっ、でまとめ買いをした。

田辺氏推薦の『霊性の開発』も購入したよ!

そういえば、読書してないなあ。

まずは一番読みやすい大和田菜穂さんの本から。

昼休みと、帰りの電車の中で、半分以上読めた。


感想はというと、すごくおもしろい。

分かる、というより、入る。

そして、この本、僕にとってはすごかった。


というのも、

帰りの電車の中でこの本を読んでいたとき、

突然「おお、そういうことかあぁーっ!」

と、バッコーンッ、と来たのだ。

一瞬、空間が揺らいだ。


一貫して同じメッセージしか書いていないので、

ああ、またこれか、という感じで、

何も考えず読み進めていたのだが、

ふと顔を上げ、車内の乗客の様子を眺めた瞬間、

ああ、こーれかあ、これを言ってるのかあぁー、

と、ばっきーん、と電流が走ったのだ。


昨日、自分と空間の境界がなくなり、

絵のように全てが繋がっているような感覚になった、

とお伝えしたが、なんか、その延長線で、

あれ、これって、全体で表現してる?

空間ぜんぶ繋がってる?

全体でひとつ…?

自分も他者も一者の中で表れているだけ。

ひょっとして、これが一者の意識なのか。

一者の意識って〝ここ〟にあったんだ。

自分が見ているこの空間こそが

一者の意識そのものだった。

いま、ここ、そのまんま〝ここ〟じゃん。

えっ、ええっ、ええええええーっ!!


赦し、開け渡し、罪悪感を消去してゆくと、

一者の意識に戻り、その後神の一歩が訪れる、

という、その一者の意識が、

すでに、ここに、あったなんて…。


言葉で書くのはこれが限界なのだが、

本当にここに在り、そこでは誰も何もしていない。


きっとこの本は、

理解しながら読むものではないのだろう。

お経のように、何度も同じフレーズを繰り返すうちに、

自分の中の、全てを理解している何かが、

ピコンと反応する。そんな読み方をする本なのだろう。

しかし、

地下鉄の車内で、バッコーン、となったからと言って、

すでに大和田菜穂さん状態か、と言うとそうではなく、

今感じているのは、ある種の平安と静かな悦びだけだ。


なぜなら、

〝ここ〟がゴールではないし、

聖霊兄貴はまだその先へ進ませようとしている。