香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

女王様、もっと…


↑ 妄想、ランウェイを歩くおっさんモデル。

広場を散歩してたら、噴水のほとりの石畳を、

おっさんが6人くらい、等間隔で歩いてくる。

それも、背筋を伸ばして、モデルみたいに…。

もちろん、彼らは互いに赤の他人である。

なんか、僕の0と1の設定、

最近、かなりいい加減になりつつある?

適当に6人くらいここら辺を歩かせとけ、みたいな。

もう全部おっさんでいいよ。

ランダムに歩かせるようにプログラムするの、

チョー面倒くさいし…、もうどうせ勘づいてんだしさ、

みたいな。


僕の連休最終日。香港は平日である。

ジム行って、マッサージ行って、本読んで、昼寝して、

と、うだうだと過ごした一日だった。


前回の記事で、決断の主体がいる場所を見つけ、

その主体ごと聖霊に明け渡そうとして、バーンと、

思いっきり強制終了を食らった話を書いたが、

やはり性急に事を急いでもロクなことがない、

とわかった。


上がってくる様々な思考を、決断の主体がある位置

へと運び、そこから聖霊兄貴に取り消しを依頼する。

決断の主体が消えてゆくことに同意して初めて、

その場所は、完全に聖霊へと明け渡されるのだろう。


しかし、ずっと、決断の主体がいる位置に集中し、

そこから兄貴に委ねていると、だんだん、

現実の世界で何が起きていても、

どんなにちょちょ舞っていても、

そこに重要性が感じられなくなってくる。

即座に〝そこ〟で、背後の実相へと明け渡してゆく。

お任せすればするほど、一歩、また一歩と、

聖霊に導かれ、誘導されていることが分かる。


大の字で

〝ああ、女王さまぁー!どうにでもして下さい〟状態。

( ↑ しっ、失礼…!)


11月はもうめちゃくちゃ速く過ぎた。それでいて、

1週間前のことが、半年前のことのように感じられる。

1日が18時間くらいで過ぎて行くほどの速さなのに、

いま、このときに起きている体験は濃密だ。


そう言えば、兄弟てっちゃん、今頃どうしてるかなあ。

9時就寝だから、もう寝てるだろうね。

きっと彼も生まれて初めて、自己の中に隠蔽していた、

さまざまな見たくないものと向き合い、

ひいひい唸りながら、削除して行っているのだろう。

僕も香港の道場に申し込んだら12月は満員だって。

次は春節の2月。寒そう…で、やめた。


それから、12月に旅行へ行こうかと検討している。

どこかスピリチュアリティな所。(←どこやねん!)

3年前はマチュピチュへ行った。

マチュピチュへ行ってから光の粒子が見え始めた。

でも、北半球は寒そう…。南半球かな。

と、どこまでも根性無しな僕であった。