香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

絶対王者!



今日は中央信金主催のセミナー&親睦会に出席した。

チムサーチュイの日航ホテルで開催ということで、

ちゃんとスーツを着て出かけた。

セミナーは、中国の環境規制強化について、だった。

9月から環境に対する規制が厳しくなり、

今後工場などで環境違反があった場合、

会社ではなく、責任者または関係者個人が逮捕され、

刑事責任を問われることになるだろう、

と講師の先生は言った。


現に広州のとある韓国メーカーの總經理と品管部長は、

規定の3倍超のニッケルをきちんと処理しなかった罪で、

1年2か月の懲役刑が下ったのだという。

宇宙人総経理と大魔神副総経理、大丈夫かなあ…。


北京の大気汚染もどうなるのだろう。

現在は車のナンバープレートの末尾が奇数か偶数かで、

運転していい曜日を割り振っている。

もしこれがなかったら、

汚染はもっと深刻化していたかもしれない。


これも一者の意識が顕れている。

〝ここ〟では何も起きていない。

消えて行く姿、修正されるべき誤りとして、

ただ、決断の主体から観察して消えるに任せる。


決断の主体にいると、

全体でやっていることがよく見える。

大気汚染も自分を含めた全体でやっている。


途中、15分の休憩が入り、ヒマなので、

コーヒーを飲みながらコースの本を読んだ。


決断の主体の位置から、

自我がやっていることを観るようになって以来、

次第に〝神の子の自覚〟めいたものが芽生えてきた。


もう卑小な攻撃には引き寄せられない、というか、

神の子が、ありもしない卑小なものに、

恐れを抱くなどありえない、と、

確固とした〝神、在り!〟の信念が生まれ始めたのだ。


以前、

羽生選手の目つきが怖いと半分ネタで書いたりしたが、

まさに、彼が〝俺は絶対王者だ!〟と言い放った時の、

あの凛とした超越感が、常に奥の奥に宿っていて、

息づいている感じがするのだ。


そのとき、ふと、この〝決断の主体〟っていう言葉、

コースの本の中のどこに出てくるんだろう、と思い、

即行、乙女ののりちゃんに電話をして聞いてみた。


彼女曰く、その言葉は一回しか出てこなくて、

それもテキストではなく、マニュアル編なのだとか。

僕はてっきりコースの本をぺらぺらめくれば、

そこここに書いてあると思ってた。

「自分で見つけようと思ったら数年かかるよ。」

と、乙女ののりちゃんに言われた。

セミナーがお開きになり、続く立食パーティーで

サンドイッチやエビフライをつまんだ後、会場を出た。

チムサーチュイの海岸べりをゆっくりと歩く。

今日の香港の気温は17度。海風が気持ちいい。


プラモデルみたいな香港島のビル群を眺めながら、

唯一の心がけは、聖霊兄貴を信頼して選択し続け、

全てを丸投げしながら、ただ凛としていることなんだな、

と思う。


乙女ののりちゃんも電話で言っていたが、

決断の主体から赦しをするようになると、

今までのような、個人が抱えている闇だけでなく、

一者が全体でやっている闇をも認識してゆくことになる。

でも、恐怖は全くない。だって、自分は神の子で、

その闇はもとから無かったと観て、

削除することができることを知っているから。

事務所に戻り、マニュアルを調べる。(←仕事せい!)

乙女ののりちゃんは5番目の質問の中のどこか、

って言っていたが、僕のマニュアル本は中国語である。

げっ、5番目の質問、長っ!

もう、のりちゃん、どこにもないじゃん!

再度電話しようと思っていたら、

あっ、あった! 

〝抉擇的主體〟だって…。

感動!

終わり!