香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

アセンションと冬至


↑5分47秒辺りからあの癒し音楽が入ってるよ!
統合ごろごろの、ショートさみだれバージョンを、

兄弟てっちゃんが作ってくれた。HDだよ!

と言っても、いまは、統合に使うことはほとんどなく、

明け渡しや赦しのためのツールとして使っている。

視覚化できるので、手放していることを実感でき、

「聖霊兄貴!この間違った知覚を修正してください」

と心の中で唱えるだけでは全然効かないような、

キツい赦しのときにはとても良いツールだと思う。

ただ、著作権などあるので、期間限定となります。


ということで、脱力の日曜日。

身体がふやけたようになり、ソファの上で、

うだうだと、ブランケットにくるまって過ごす。

夕方、重い腰を上げ、約3週間ぶりにジムへ行く。

そこでも全くやる気が出ず、少し胸を鍛えた後、

40分ほどで早々に切り上げた。


気力はあるし、これと言って健康に問題もないのだが、

なんか、身体に力が入らず、ふやふやしてしまう。


そう言えば、明日は冬至である。

香港の人たちは冬至をとても重視していて、

家族揃って夕食を囲むのが習わしとなっている。

会社も、午後3時くらいに終業となるところが多い。


例年、冬至には地球の波動が高まり、

高次元へのタイムゲートが開く、と言われているが、

今年に限って言えば、自分自身、その高周波数を、

体感として感じている。


ここ数日、光が空間に現われては消えていったり、

粒子が、空中を、ざわざわと流動していたり、

身体がふわふわと浮遊するような感覚や、

時間が飛び飛びになる体験、

そして強化ガラスを隔てたような静寂感に包まれる、

といった体験が頻発している。


こうしたエネルギーの高揚が、上記の脱力感となって、

僕の身体に影響を与えているのだろう。


バシャールは、2015年を境にして、

パラレルのへ列車の乗り換えが次第に困難となり、

2016年の秋には全てが変わる、と言っているが、

これってあながち嘘ではないような気がする。


というのも、ずっと以前、このブログで、

レプティリアン系宇宙人に遭遇した話を書いたが、

最近、またその気配がしはじめている。

寝室で寝ていると、森の中から妙なノイズ音が聞こえ、

ちょうど、あの遭遇時と同じ気配を感じるのだ。


僕の場合、

UFOにも乗りたくないし、宇宙人にも会いたくない。

そういう話には興味があるのに、接近遭遇は勘弁だ。

怖すぎる!


少し話が逸れてしまったが、

今年の冬至は、来年からの本格的アセンションに向け、

非常に重要なポイントであるようだ。

この瞬間を地球の高波動に同調して過ごすことにより、

開いたタイムゲートから、

高次元のパラレルへ移行可能となり、

自分が乗るべき列車を確定させていくことになる。


「結局、アセンションも、幻想なんだよねえ。」

と、コースをやっている人は片づけがちだが、

考えてみれば、決断の主体が聖霊兄貴を選び始め、

決断の主体自体が真核(ハート)で満たされたら、

幻想の世界もまったく違う様相を呈してしまうのは

当然のことなのだ。

ただ、それがゴールではない、というだけの話で、

アセンションは赦しのバロメーターであるとも言える。


今年の冬至は12月22日の13時48分。


エゴを全て高次元(僕の場合は兄貴)に明け渡し、

委ねた状態で静かに過ごそうと思っている。