香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

背後で起こっていること



本来、今日もクリスマス休暇のはずだったのだが、

日本本社が仕事納めということで、ひとり出勤である。

その代わり、31日に休日を振り替えてもらった。

(旧正月を祝う香港は大晦日も通常通りなのだ。)

おかげで、誰もいない事務所で、出張稟議を書いたり、

フィリピン工場の資金繰り表を作ったりしながら、

静かに過ごした。


ところで、ここ数日、耳鳴りがすごい。

こういう静かな場所にいると特になのだが、

それがもう、普通の耳鳴りではない。

聴覚検査のときの音の大きいバージョンのような、

ピーッ、という耳鳴りが、一定の間隔で起こる。

でも、不思議と不快ではない。


この耳鳴りの中に、何か信号のようなものが感じられ、

よく耳を澄ませてみると、ノイズが次第に大きくなり、

最後は耐えられなくなって、やめてしまう。


昨日、混沌の法則について書いて以降、

これまで天空高くにいるように感じていた聖霊兄貴が、

今朝あたりから、自分のすぐ真後ろで寄り添うように、

決断の主体と重なって存在しているように感じた。


なので、明け渡す際も天に向けて放出する必要はなく、

すぐ真後ろへ、はい、と渡す感覚に変わりつつある。

そういえば、

兄貴が自分の肉体に重なるような体感とともに、

耳鳴りが大きくなってきたように思う。


 人々の中に聖霊の声を聴くことによって、

 あなたは彼らの経験から学ぶことができ、

 あなた自身が直接経験しなくても、

 そこから恩恵を得ることができる。


 私の経験(Jの十字架刑)を繰り返すことが、

 あなたに求められているのではない。

 なぜなら、私たちが共有している聖霊が、

 それを不要にするからである。


聖霊兄貴の気配がすぐ近くに感じられるのと同時に、

テキストのこの文章がとても心に沁み渡った。


日に日に感覚や見え方が変わってゆく。

僕の内部で何かが起こっているのは確かである。