香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

異次元へのポータル


↑順徳港ターミナルの天窓。PM2.5がいい感じ。

クリスマス辺りから発生した強力な耳鳴りは、

いまも、断続的に続いている。

医者に行く類いのものでないのは、直感的にわかる。

なんか、後ろへ引っ張られるような感覚もある。


一体なんだろう、と、いろいろ検索をかけてみた。

すると、かなり信用できるアセンションサイトの、

12月25日から1月6日まで、惑星の整列によって、

特別なポータルが開いている、という記事を見つけた。


ポータルというのは、〝門〟〝扉〟という意味で、

ここでは、宇宙的ポータルが開いている、すなわち、

別の次元や別の時空へのゲートが開いている、

という意味なのだ。


バシャール的に言えば、ゲートが開かれている間は、

自分たちが別の次元へと移行しやすい状態にある、

ワクワクの列車に乗り換え易い、ということである。


また、サイトでは、ハイヤーセルフや精霊など、

異次元的な存在とのつながりが開通しやすくなる、

とも述べている。


このポータルを抜けたからと言って、全く異次元の、

ここはどこ、わたしは誰的な場所へ行くわけではない。

同じ会社の事務所、同じ自分の肉体、同じ人たち、

でも、ちょっと違う。

自分がやりたかった新たな仕事を任されていたり、

痛かった腰が治っていたり、

いつも厳しかったあの人が優しくなっていたり、

以前より少しだけ空間が輝いて見える世界。


あらゆる次元であらゆることが起こっている。

ポータルを通ってそこへ移行する。


まあ、だからと言って、次元移行するために、

特別に何かをする必要はないと思うが、

正月休みでもあるし、ゆっくりお風呂に入りながら、

このポータルを意識して過ごしてみるのも面白い。


僕は、この耳鳴りに意識を集中させてみることにする。

ふと、一年前の今日、何をしてたかな、と、

一年前の記事を読んでみる。

真面目に喫茶店でコースを読んでいる自分がいた。


〝兄弟の心の中に居る聖霊を通じて彼を見なさい。

 そうすればあなたは自分の心の中に聖霊を認識する。

 もしあなたが自分自身の中だけに聖霊を探す

 という間違いを犯すなら、あなた自身の想念が、

 あなたを怖がらせるだろう。〟


このくだりを読み、

1年前の自分は下記のような感想を述べている。

 〝なんだか、これまでの自分は、
 
  自分の中に在る聖霊だけを通じて、

  相手を観てきたような感がある。

  兄弟の中にいる聖霊と交流することが、

  真のコミュニケーションなのだな、

  と心底腑に落ちた。〟


すげえ!えらい!

自分で書いた文とは思えない。

自分で書いておきながら、当時はまだ、

本当の意味では理解していなかったのだと思う。

今日読んでみて、これが、聖霊を延長させる、

ということなのだと分かる。


やっぱり日記っていいな、と思う。

そのときにだけ感じていた様々な出来事や葛藤を、

まじまじと思い出させてくれる。


毎年、APITAでお節料理を予約するのだが、

今年は忘れ、行ったときには25日に締め切られていた。

友人が来た時にふるまおうと思っていたのに…。

演歌同盟が紅白見に来るし…。

兄貴いいー!

おせち、ほしいいー!

おせち、食べたいーっ!