香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

店じまい


↑この絵だと振り向く気も失せる?

佛山から香港へ戻る船の中で爆睡中に、

あるイメージが見えた。


小学生くらいの少年が地面に胡坐をかき、

プレステーションのようなゲーム機を手に、

ピコピコピコピコ、ゲームに没頭している。

心の隅では、

そろそろゲームを止めないとやばい、とも思っている。

晩ご飯の時間だし、風呂に入れと母親が言ってくる。

あんまり言うことを聞かないと怖い父親がやってきて、

ゲーム機を取り上げられるかもしれない。



いつまでやってるんだ、という父親の声や気配も、

背後にひしひしと感じている。

もし今、ゲーム機から顔を上げ、振り向いたりしたら、

仁王立ちになってこちらを睨んでいる父親に、

真正面から遭遇することになるだろう。

言うことも聞かず、ゲームばかりしている息子に、

罰を下そうと待ち構えている。


やばいっ!


しかし、ゲームに没頭している間だけは、

そんな父親の存在を忘れていることができる。

だから絶対に、画面から顔を上げてはいけないのだ。

後ろを振り向いてはいけない。

もし、少しでも我に返ることがあろうものなら、

恐怖でいてもたってもいられなくなる。

それで、ゲームのストーリーの中に深く深く入り込む。


しかし、ゲームを続けることに疲れてきた。

集中力は続かない。

ピコピコピコピコ、恐怖と防衛でへとへとだ。


自分はいったい何をやってるんだ!


自分の中の正気の部分がピクンと反応する。

恐る恐る、ゲーム機のボタンから指を離してみる。

だめだめだめだめ!すぐにまたボタンに手を掛ける。

だが、正気の部分がまた立ち現れ、優しく呼びかける。

もういいよ。帰ろうよ。お父さんが心配しているよ。

でもお父さんは怒っているんじゃ…?

いいや。お父さんは今でもお前のことを愛しているよ。


帰ろう、と決心し、

確固とした意志を以って、再度ボタンから手を離す。

画面はずっと主体無しの放置状態で動いている。

その間に正気の自分がプログラムにまで入り込み、

設定を次々と消去し始めた。


そして、ついには〝終了〟の表示が画面一杯に現れ、

はっと正気に返る。

振り向けば、父が優しく〝おかえり〟と言った。



目を覚ますと、すでに船は香港に到着していた。

殆どの乗客が下船していて、僕も慌てて船を降りたが、

さっき見たイメージが強烈すぎ、

しばらくは夢の中をさまよっているような感覚だった。


この話の中で、

正気の部分の自分が語り掛けてくるところまでは、

実際にイメージ(夢ではない)として見ているのだが、

帰ろうと決心してからの部分は、のちに僕が追記した。



よし、店じまいだ、とタクシーの中でつぶやいた。

運転手がバックミラー越しにチラとこちらを見た。

「新トンネルと旧トンネル、どちらを通りますか。」

運転手が聞いてきた。

「どちらでも。お任せします。」

と僕は運転手に告げた。