香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

『なぞの転校生』

いま、日本映画専門チャンネルで、

1975年にNHKで放送された『なぞの転校生』

というSF番組が再放送されていて、

毎日、このドラマを見るのが、今、僕にとっての、

唯一にして最大の楽しみになっている。


僕はこのドラマをリアルタイムでは見ていないのだが、

〝NHK少年ドラマシリーズ〟は大好きで、

特に1979年放送の『七瀬ふたたび』が好きだった。

七瀬役を演じた多岐川裕美を見たときは、

「この世にこんなきれいな人がいたのか。」と、

当時まだ小学生だった僕には大変な衝撃だった。


で、この『なぞの転校生』。

まだ、5話までしか見ていないのだけれど、

ある中学校に、核戦争で滅びた星からやってきた

超能力を持った宇宙人の少年が転校してきて、

様々な騒ぎを巻き起こす、みたいな話で、

セットもしょぼいし、カメラワークもいまいち。

しかし、中学生の役者さんたちが光っている。

本当に謎めいた異星人っぽい感じがよく出ているし、

『七瀬ふたたび』等の少年ドラマシリーズに共通する

NHKドラマ特有の暗く隠微な雰囲気が、

SFと相まって、不思議な世界観を醸し出している。


そして、このドラマの中で面白いな、と思ったのが、

転校生で異星人の典夫が、核を使っちゃいけない、

と、同級生たちに核根絶を力説している点だ。

1975年当時で、すでに核に注目していたなんてすごい。


↑宇宙から来た典夫。羽生選手に激似!

昔、アンフィニで、

「わたしは前世で、核のボタンを押し、惑星を一個、

 丸ごと破壊させたことがあるんです。」

と、笑いながら言っていた人がいたが、

そのとき、なんか、すごい違和感を覚えた。

核のボタンを押したという事実に対してではなく、

核のボタンを押す元となる〝ラスボス〟を、

なんでいま統合(当時のやり方では)しようとせず、

自慢のように言えるのか、疑問に思ったのである。


以前の記事でも書いたが、

中性子や陽子は量子の法則に従う。

中性子は意識で、陽子が愛である(違ったかな?)

と、波動の法則の足立育郎氏は言っていたが、

素粒子を破壊させてエネルギーを得るということは、

意識(心)と愛(ハート)の破壊を意味するのではないか。


〝眼球の裏〟に見ている世界は幻想であり、

本当の愛は決して破壊されはしないけれど、

愛を破壊したい、という考え自体が、

究極の虚無であり、究極のエゴである。


しかし、僕たちが幻想の一切を父に返してゆくことで、

破壊ではなく、削除というカタチで、安全で平和に、

この幻想の世界を終わらせてゆくこともできるのだ。


愛(ハート)と、実相と、神しか選択しない

という決意だけでいい。