香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

あなた、白いわよ!


↑スターフェリーから撮影した香港島のビル群

ひとり事務所でお留守番をしていた先週、

金曜午後のことである。

昼前にモンコクの中国旅行社まで、

広州行きの列車の切符を買いに行った。

ちょうど昼休みの時間になったので、

会員になっているジムで、筋トレをした。

昼休みは一時間。

猛スピードで胸と上腕二頭筋だけを鍛え、

さっさとシャワーを浴びて出てきた。

この日は、佛山工場の新年会があり、

香港のスタッフは全員出払っていたので、

僕は戻って留守番をしなければならなかったのだ。


オフィスへ戻り、電子錠を解除して中へ入った。

そのとき、オフィスの空間が、

まるで煙が立ち込めているように、霞んで見えた。

一瞬、火事か、と思い、ドキドキしながら

煙の出所を探すが、煙は無く、匂いもしない。

ただ、景色が白んで見えるというか、

明るく光っているというか、ちょっと眩しい感じ。


なんだろう、と首をかしげつつ仕事を続けていると、

営業部の女性(台湾人/独身/40歳)が、

中国からハンドキャリーの荷物を取りにやってきた。

彼女はしばらく僕のほうを不思議そうに見つめた後、

「あなた、なんか、白いわよ。」と僕に言った。

「えっ。肌の色が白いっていうこと?」と訊き返すと、

彼女は再度、僕の方をまじまじと凝視しながら、

「いや。あなたの周りだけ、明るく白んで見える。」

と言うのだ。彼女は荷物をバッグに詰めると、

そそくさと出て行ったが、それからというもの、

僕は彼女の言葉が気になって仕方がなかった。


↑夕暮れ時の市場
そういえば、最近、鏡などを見た時などに、

自分の顔に白くもやがかかってるというか、

鏡が曇っているのか、と思ってハッとなることがある。


これまでは、自分の思い過ごしだ、と思えていたが、

今日、営業の彼女から指摘され、

他人からも僕のことがそう見えているのだ、

ということが明らかになった。



また、電車で乗り合わせた人や、道ですれ違う人が、

やたら〝ガン見〟してくる。

さっきまでスマホを見ていたのに、

僕が通った瞬間、ぱっと顔を上げて僕を見るのだ。

それも、一人や二人ではない。

以前にもそういうことがあったが、最近頻度が多い。

↓↓ずっと以前にもこんなことがありました。
↓↓下記ご参照願います。

ピンクの誘惑 - 香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

ひょっとして、彼らは僕の姿が白っぽく光って見えるので、

何だろう、とこちらをガン見してくるのかもしれない。


それにしても、これって、なんだろう? オーラ?

ヴィパッサナーで量子分解法をやったから、

肉体が粒子に分解され始めてる?

髪を茶髪にしているから、明るく見えるのか?

まさか、僕がイケメンだからガン見してくるのか?

いや、それは、絶対にない。(笑)


以前、空間が光で眩しく見えるのは、

幻想を映し出している薄皮のスクリーンに穴が空き、

後ろのハートの光が透けて見えているからだと、

ハレ師匠に言われたことがある。

でも、今回のこれは少し違うような気がする。



ただ、この白い光のもやは決まって、

ぼうっとしている時や、今に集中している時などに、

見えることが多いようだ。


まあ、これが何であれ、

ただただ聖霊兄貴に委ね切るしかないのだが、

こういう時に限って兄貴は〝シカト〟を決めこむ。


ただ、

明け渡しを実践し、聖霊と一体になってゆく過程で、

肉体的にも、精神的にも、

知覚に変化が生じるのは当然だろう。

今後も、不思議な体験は起こるのかもしれない。

しかし、そこには大した意味はない。

夢の世界が終わってゆく過程に過ぎない。

ゴールはあくまでも、父が待つ故郷への永遠の帰還だ。


でも、こわい。