香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

次元ジプシーにはならない


↑1975年放送『なぞの転校生』のヒロイン伊豆田依子。

昨日は春分の日だった。

おまけに日曜日だったので、

家で、静かに、自己を聖霊兄貴に委ねて過ごそうと、

ソファの上に胡坐をかき、瞑想をして過ごした。

13時30分が通過点ということなので、

11時ごろから始め、14時くらいまで座っていた。



まずは、呼吸法を使ったアーナパーナを行ない、

それから、ヴィパッサナー瞑想に入った。

いつものように、思考のカスがわんさか出てきて、

そのたびに、大放出をする。

その中でも、投影寸前のもやもやが出て来た時は、

即座に決断の主体へと戻し、兄貴へと明け渡す。


次に〝今、ここに在ること〟だけに意識を集中する。

何も考えず、ただぼうっと、今の空間に全てを開く。

そして、最後には、聖霊兄貴に委ね切って、

残りの数時間を過ごした。


普段は、仕事やら生活やらでバタバタしていて、

どことなく〝赦しが上滑った〟状態だったので、

今日は、春分の日にかこつけて、

静かに、丁寧に、赦し、明け渡し、委ねて行き、

神が創造したままの自分(ハート)を感じていった。


聖霊兄貴に委ねたまま、ぼーっとしていると、

次第に、自分と思い込んでいたもの、が消失してゆく。


さらに、

「もうこんなのを使って、ここにいたくないんです。」

と、全部丸投げで、自分のようなものを、兄貴に渡す。


こんな感じで、自分に向かいまくって過ごしていると、

自分が見ているこの幻想の宇宙空間って、

肉体を投影したものなんだなあ、ということに気づく。

肉体と宇宙空間は、ある意味、同じものだったのだ。

そして、どちらも、夢だ。


↑いま、日本映画専門チャンネルで再放送されていて、
 懲りずにもう一度見ている。この世界感、好き!

いつものように、意識を今に収斂させていたとき、

空間に粒子が飛び、映像がぼやけて見えた。

ああ、自分はいま、次元の芯を通り、

別のタイムラインへ移行しているのだな、と思った。

その瞬間、今よりももっと物理的に豊かで自由な、

タイムラインへ移行しよう、という考えが出て来た。

今に開いているこの瞬間なら、それは可能に思えた。

じゃあ、どんな現実へ移行しようか、と考えた瞬間、

何かから離れた感覚に襲われた。


即座に〝自分…のようなもの〟を手放す。

そして、父のほうを選択し直す。


あっぶねー。

『なぞの転校生』風に言うならば、

もう少しで〝次元ジプシー〟になるところだった。