香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

エゴの言い分

昨日はマカオに隣接する珠海に一泊出張だった。

夕方6時くらいにホテルにチェックインをし、

夜は盲人按摩にでも行こうと思っていたが、

部屋で持ち帰りの夕食を済ませ、

YOUKUで昔の日本の心霊番組を見ているうちに

急激な睡魔に襲われ、そのまま眠ってしまった。


夢を見た。

僕は列車に乗っている。

ボックス型の座席の向かいには初老の男性が

腰かけていて、僕が読んでいる奇跡講座の本を

しきりに気にしている。

そして、とうとう我慢しきれなくなったその男性が、

「何でこの本を読んでいるのか。」と訊いてきた。

そして、突然場面は変わり、

僕はその男性と喫茶店で話し込んでいる。

男性は僕の方を覗き込み、

きみは消えることに同意したのか?

アイツを行かせるためにきみは消えるのか。

きみ自身は帰れないというのに…。」

というようなことを何度も何度も問いかけてくる。

しかし、僕はなぜか曖昧な笑みを返すのみである。


「わかったよ。わかったよ。」

やがて、その男性は僕の方を見て何度も頷くと、

僕とハグし合った。


↑制服もなく、ユルユルの作業員たち。
 うちの工場では絶対にありえない。

ふかふかのベッドの中で目醒めた。

天井をぼうっと眺めていると、

さっき、夢で男性が言っていた言葉の意味が、

理解として入ってきた。


要するに、

今、ここで、赦しや明け渡しを実践している、

この星谷周作という〝個のわたし〟は、

父が待つ故郷へ帰ることはないし、

この幻想の世界からも脱出できない、ということだ。


なぜなら、この自分は、

神の子が天国からの分離を決断した結果、

エゴと共に創造された幻想だからだ。

なので、夢見が終わると同時に、個の自分も終わる。

言い換えれば、

父が待つ故郷へ戻るのは、分離を妄想し、

決断の主体になってしまった神の子の方であり、

僕たちはただ、間違った選択をしている神の子を

天国へ帰還させるために、せっせと赦しを行ない、

データを差し戻す役割を担っているに過ぎない。

データがすべて削除されれば、寝ているときに見る夢

のように僕たちも消える。


コースでは、エゴが幻想を手放したくない理由を、

自分が創ったものへの執着、と説明しているが、

その奥には、やはり、決断の主体(神の子)に対する、

深い憎悪があるのだと思う。


エゴを選択し、父から離れた、という

罪悪感から逃れるためにこの幻想世界を創り出し、

僕たちを無数に分離させておいて、いざ戻るとなると、

俺たちに全てを赦させ、明け渡させて、

この幻想世界を削除しろと?

おまけに最後は、俺たちも幻想だから消えろと?

なぜならあなたはVRなのだから、だと?

はあ〜?

ふざけんな、この野郎!


↑委託先の工場。このうらぶれ感がたまらない。

神の子に対する憎悪はヴィパッサナー瞑想の

8日目あたりにも浮上してきて赦したはずだった。

しかし、無意識レベルでは、まだまだ、

腹に黒い一物を隠し持っているようだ。

↓↓ヴィパッサナーの記事はこちら↓↓
2016-02-15 - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!


消えるとか消えないとかって言ってるけど、

もともとこの世界は始まってもいないんだよ、

なんて言われたって、そんなの納得できるわけない。

幻想であろうと、何であろうと、エゴにはエゴの、

分離せざるを得なかった言い分があるのだ。

それを聞かずして、世界はない、罪もない、

分離は起こってなかった、なんてやっても、

自分を血まみれにすることにしかならない。


そんなエゴの言い分にじっと耳を傾ける。

決してエゴを嫌ったりしない。

ちゃんと認めた上で、心の中にあるエゴの憎悪を

明け渡すことを改めて決断する。



本当は、

幻想のイチャモンでしかないこのエゴの言い分を、

ちゃんと認識して初めて、世界はない、起こってない、

を納得して受け入れられるのだと思うのだ。


いまはまだ無理だが、いつかはきっと、

分離した個の自分が、神の知覚に取って替わられ、

自分は神と一体だったと、真のアイデンティティ―を

思い出すときが来るのだろう。