香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の爆発



昼過ぎにフェリーで香港へと舞い戻り、

その足で、香港上海銀行(HSBC)の本店がある

セントラル(香港の虎ノ門)へ向かう。


この日は、

以前ブログに書いたLC(信用状)開設の件で、

HSBCの担当者と面談することになっていた。


駅の改札口で、今回この銀行を紹介してくれた

信用金庫の黒田女史(35歳位/夫は香港人/仮名)

と落ち合い、HSBCへと向かう。


ビルの門の前まで来ると、

黒田女史が突然、紙袋からハイヒールを取り出し、

履いてきた運動靴と履き替えた。

僕は僕で、急いでネクタイを着用した。


そんな感じで、僕たち、かなり自由。


待合室で担当者を待っている時も、

勝手に備え付けのコーヒーを淹れて飲んだり、

菓子箱のチョコレートを食べたりしていた。


「だって、わたし、全財産ここに預けてるんですよ。

 コーヒーくらい飲ませていただきますよ。」


と、彼女。

えっ、自分が勤める信用金庫に預けてないのか?

と心の中でツッコミを入れていると担当者が現れた。


担当者はヘンリーさんという30歳くらいの台湾人の人。

紺のスーツ、刈り上げ64分け、黒ぶち眼鏡、

物腰柔らか、と、もう銀行員を地で行くような人で、

私は真面目ですオーラがにじみ出ている。


で、LCについての話をする。

彼はすでに、

うちの会社の過去三期分の決算書を精査していて、

その結果を観ながら審査基準について説明を受けた。


雑談も含め、かれこれ、1時間半ほど話をした。

結論としては、

金利や手数料、審査期間の長さを考慮しても、

ひとつのプロジェクトのためだけに、

ここまでリスクを踏むのは得策ではないと判断した。


面談が終わり、ヘンリーさんと共に待合室を通る際、

「このチョコレート、すっごく美味しいので、

 もう一個もらってもいいですか。」

と言って黒田女史が箱のチョコを2-3個つかんだ。

やっぱり庶民の味方、信用金庫の人ってステキ!

明日、レポートを上げてこの件は一件落着か、

と思いながら、黒田女史と駅まで一緒に歩いた。

途中、彼女が仕事や家庭の事を色々と話し始めた。


ざっくばらんな人なので、

これまでにも色々な話をして来ていたのだが、

今回はちょっと悩んでおられるようだった。


こういうとき、

スピリチュアルな観点から何かを言う、

ということはしないようにしている。

ましてや、世界はない、とか、明け渡す、とか、

赦しについて話すことは絶対にない。


むしろ、重要なのは自分の心の中だ。

彼女の話を聞いて、出てくる分離の想いを、

ただ、決断の主体へと巻き戻し、兄貴に委ね切る。

目の前の彼女に何かアドバイスをして、

変わってもらおう、と意気込む必要はない。

ただ、自分の心の中の赦しにだけ集中する。

陽子と中性子を放射するイメージ。


こういうとき、心の中で明け渡しながら、

その時々に合った普通の受け答えをすればいいと思う。

むりくり、スピ的な何かを伝えようとしなくてもいい。

また、エゴ的なことを言ってしまうことを警戒して、

不自然に沈黙する必要もない。


話を聞きながら、

「僕なら、条件がいいからこちらを選ぶ、とか、

 将来こうなるために、今、我慢する、

 ということを第一にして決めるのではなく、

 今、この瞬間、自分や家族がハッピーかどうか

 を基準にして判断する。」

みたいな、普通の答え方をしたように思う。


どうして、彼女がこんなプライベートなことを

僕に相談してきたのかは定かではないが、

兄弟に対して何を言ったか、何をしたか、ではなく、

逆に、ただひたすら、

自分の心の中へと向かうことなんだ、

ということを実感した、楽しい一日であった。