香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

このへんちゅくりんな世界



今日は、現在清算中である深圳工場の件で、

会計士さんと打合せがあったため、

久々に深圳の龍崗(ロンガン)を訪れた。

地元のすし屋でお寿司をごちそうになり、

はまちと、トロと、サーモンをたらふく食い、

普段昼飯を取らない僕は、パンパン満腹状態に…。


帰りはミニバスで香港に戻ってきたのだが、

満腹の中、初夏の光に包まれ、とても幸せな気分。

目の前の人が、何を言ったり、やったりしていても、

その人の奥に輝く、ひとつの光の人型を見る。

肉体はそれぞれ違う兄弟でありながらも、

同じひとつの聖性を感じる。

そんな感覚はまだ続いているのだが、

それでも、ちょっかいを出したい自分が、

ともすると、眼前の設定を仕切ろうとする。


兄弟がこんなことをした、とか、

今日、こんなことが起こった、だけでなく、

心の中で入道雲のように沸き起こる分離の想い…。

そして、赦し続ける。


これまでは

〝赦す〟という言葉が、なんか宗教臭く、

格式ばっていて、しっくりこなかった。

その代わりに、明け渡す、委ねる、手放す、

といった、能動的な言葉で赦しを実践していた。

しかし、

自分がひどいVR中毒状態であることを認め、

心の中の赦しに集中するようになって以降、

赦すという言葉が自然と口から出るようになった。


この言葉からは、

今、起きているように見えてること、

兄弟がやっているように見えることを、

あるがままに受け入れ、それは起きていない、

と教える、兄貴の優しい眼差しを感じることができる。


心を今に開き、ただ消えてゆく姿として見送り、赦す。


これ全部、ウソなんです。

この人たち全部、ただの動く蝋人形なんです。

そして、自分のこの肉体もただの着ぐるみなんです。

だから、もうこんなおもちゃ、要りません。


なんか、仕事をしているのか、赦しをしているのか、

分からなくなってきた今日この頃。


心底思う。

このへんちゅくりんな世界、長居は無用だ!