香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

完璧な日曜日


0と1の設定では、今日は〝母の日〟である。

特に、99%の男子がマザコンといわれる香港では、

母の日が近づくと、

母親から〝ちゃんと私を祝いなさい。〟指令が来る。

香港人男性は、基本的に母親を怖がっているので、

結果、母親から何か頼みごとをされると、

恋人や奥さんよりも母親が優先される。

男の友人を見ていても分かるのだが、

母親から電話が来ただけで、背筋をぴんと伸ばし、

直立状態で話していたりする。

一体、どうすればこういうふうに躾けられるのかと、

いつも不思議に思ってしまう。


そういうわけで、

母の日には、どこのレストランも超満員となり、

プレゼントを売る商店にも人があふれかえる。


こんな日はお籠りに限る、と、

朝7時にジムへ行き、ヴィ瞑想を1時間したあと、

開いたばかりの喫茶店で白先勇の小説を読み、

裏の森を散歩して、昼からは完全書斎にお籠り、

という、まさに奇跡の一日となった。

(普段は大概昼まで寝てる。)

ジムでヴィパッサナー瞑想をしていたとき、

なぜか兄弟てっちゃんが目の前に現れ、

あっ、てっちんだあ、と思っていると、いきなり、

彼の外側の皮膚が掃除機に吸い込まれるように、

がばっと剥がれて天に持ってゆかれ、

後には白く光り輝く人型のてっちゃんだけが残った。


そうするうちに、

僕の友人、家族、同僚などが次々に出てきては、

まるでダイソンの強力掃除機で吸い取られるように、

外見の表面だけが、すぽっすぽと、

一瞬で天に吸い取られてゆく。


そして外見が剥ぎ取られ、光の人型となった彼らが、

ずらっと並んでいるのを見て、

〝みんな同じにみえるよ。〟

〝これじゃあ、誰が誰かわかんないよう。〟

と、僕は思った。


そのときはそれだけの体験で終わったのだが、

夕方の遅い時間、少しベッドでうとうとしながら、

この人型のことを思い出していると、

〝ああ、光の人型は真の聖性の象徴だったんだ。〟

〝こっちが真の彼ら(絵)だったんだ。〟

〝着ぐるみが何を言おうと、どんな状態にいようと、

 今後は、ひとつの聖性だけに関わっていればいい。〟

というようなことが、ぱぱぱ、と理解されてきた。


これは、多分だけれど、Jが十字架刑に科されたとき、

自分を鞭打つ兄弟に対して愛しか感じなかったのは、

その兄弟が〝ひとつの聖なる人型〟にしか

見えていなかったからなのだろう。


僕もまだまだ学びの途中なので、

この〝聖なるひとつの見方〟ができないときも、

往々にしてあるだろう。

しかし、そういう時は、ただ兄弟を赦す。

それだけだ。