香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

強烈パフォーマー


↑ 今年3月にマレーシアで撮影された4人の騎士雲。
  雲って地球の意識を象徴しているという。


今日の夕方、

ラッシュアワーの地下鉄のホームですごいのを見た。

僕の近くでスマホを手にLINEをやっていた女性が、

突然、隣にいた背の高いスーツ姿の男性に向かって、

大声で罵りだしたのだ。

それはもう、ものすごい剣幕で、

僕を含め、周囲の人達もぎょっとして彼女を見ていた。

もちろん、罵っている女性も、罵られている男性も、

知らない者同士である。

聞いていると、どうやら自分のLINEのやり取りを、

隣りの男性が盗み見ていたと言って怒っているらしい。

その男性はすごく背が高かったから、

まあ、覗こうと思えば、覗ける位置にはある。


やがて、電車がやってきた。

指を差して罵りながらその女性は行ってしまったが、

残された男性は、怒りを通り越して茫然自失、

ただ、ホームに立ちつくしていた。


まあ、

これだけ分かりやすいイチャモンも、今どき珍しい。


見られるのが嫌なら公共の場でスマホなんかすんなよ。

ていうか、お前のLINEになんか興味ねえし、

と、ここは思う存分エゴってみたいところではあるが、

このとき思ったのが、ああ、これって、肉体を使い、

直接相手に表現しているかどうかの違いだけで、

心の中では全員、彼女と全く同じ事をやっている、

いや、心の中ではもっとすごい事をやっている、

ということである。

みんなが心の中だけで密かに実行している復讐劇を、

彼女はストレートに表現しただけのことである。

要するに、彼女はわたしだ。


理不尽な要求をする人、わがままを言って困らせる人、

怒りっぽい人、偏屈な人、頑固な人、攻撃する人、

こういう人たちは、普段僕たちが心の中で、

密かに行なっているイチャモン劇場を、

素直に表現しているだけなのだ、とも言える。


罵られた男性も、家に帰って落ち着いたころに、

沸々とした怒りにさいなまれ、心の中であの女性を、

なぶり殺しの刑に処しているかもしれない。


他の兄弟に対し、又、ある赦しがたい出来事に対して、

同じように言い知れない殺意がわいてきたとしても、

そして、

思わずその殺意が表面にほとばしり出たとしても、

エゴから来る無意識に埋没すればそれは破壊となり、

やってる最中に、たとえ0.0001秒でも兄貴を選べれば、

削除のために現われた、赦しのための表現となる。


例えば、

駅の自動改札で、自分の前の人がもたもたしていた。

仕事でテンパっているときに話しかけられた。

自分の話を遮られた。

飛行機の座席で隣の人が肘掛けに肘を載せている。

最近太ったね、と言われた。


日常生活で誰でも普通に起こり得る設定であるが、

心の中は、ムカッ、どころではない。

〝死ねばいい〟って本気で思っている。

この殺意はある意味、

瞬発的であるか、持続的であるか、の違いこそあれ、

わが子を殺された親の犯人に対する憎しみにも相当する。

毎日毎日、毎瞬毎瞬、

この自分が兄弟たちに対して殺意を抱いていることを、

今日出会った兄弟は教えてくれた。


しかし、これは絶望ではない。

やってる最中、または、想いが湧いてきた最中に、

あっ、自分はいま、こんな選択をしている、と、

一瞬でもいいから認識することが重要である。

これは修正され、取り消されるために出てきている、

と、一瞬でいいから気づく。

もし、止められなければ、その後は罵り続けてもいいから、

〝いま〟やってる〝間違った思い込み〟を1秒でもいい、

ちゃんと認識することだ。


隠されている無意識のエゴは、意識に上がってきて、

認識された瞬間に消える。

なぜなら、エゴは実在ではないからだ。


逆に、今日の彼女みたいになってしまった時こそ、

隠されたものを削除してゆくチャンスだ、とも言える。


そして、落ち着いた時に、

そういうパフォーマー兄弟たちによって炙り出される

分離したと思い込んだことに起因する憎悪や怒り、

罪悪感が裏返った自暴自棄を聖霊兄貴に委ねてゆく。


〝離れてない。起こってない。だから罪はない。〟

〝自分はいない。他者もいない。だから世界はない。〟


新・断固三兄弟で赦してゆく。


赦しを選択し始めると、兄貴が仕事をし始める。

ある時は、強烈なパフォーマーを次々に繰り出し、

VR上に投影させてくる。

しかし、

その段階で赦せないものを、兄貴は差し出したりしない。


正しいハートの知覚に戻してください。

自分も兄弟も無罪であることを分からせてください。

世界はなく何も起こっていない事を実感させて下さい。


そして、そのあとは聖霊に道を譲る。