香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

わたし以外のわたし


↑ドラえもん、一個買っちゃった!

今日の香港の気温は28度、いよいよ夏本番である。

と同時に、今年もケリーとエアコンの温度を巡り、

攻防戦を繰り広げる季節となった。


スタバ、レストラン、バスの中、職場、など、

香港では夏になると、エアコンをガンガンに効かす。

真夏のバスの中で凍死するお年寄りもいるほどだ。

うちのオフィスでも、こちらがちょっと気を抜けば、

エアコンの設定温度が18度になっていたりする。

そのくせ、みんな、寒い寒い、と言いながら、

セーターやカーディガンを着こんで仕事をしている。

もう、わけがわからない。


じゃあ自分の家ではどうかと言うと、

扇風機をフル活用し、極力エアコンは使わない。

理由は簡単だ。家でエアコンをつければ、

自分が電気代を払わなければならないからだ。


と、ここまで書いて思った。

僕たちは常に、自分に属するモノか、

自分以外に属するモノかで物事を判断している。

それも無意識かつ反射的に…。


わたしのお金だと5千円のホテルに泊まるが、

会社のお金だと2万円のホテルに泊まる。

わたしの服が汚れるとイラッと来るが、

他人の服が汚れても何とも思わない。

わたしがいじめられるくらいなら、

私以外の誰かが犠牲になってくれた方がいい。


僕の場合で言えば、

ジムのシャワーでは、お湯を出しっぱなしだが、

自分の家だと体を洗っているときはお湯を止める。

個人の印刷物がある時は、家のプリンターではなく、

会社のコピー機で印刷する。

また、銀行手続きや歯医者などの私用は、

外出のついでに就業時間内に済ませる。

2分35秒ほど前に気づいたのだが、

雑事のために私的な時間を使うと、

〝自分〟の時間が減る、と思っているのだ。


上記に挙げたそれぞれのシーンは、

多くの人が普段、何気なくやっている事柄であるが、

その原因となっている心の中を見つめてみると、

物質、時間、場所、関係性、お金、などの、

自分に属すると思っている物が減少することにより、

自分が敗北する、自分が消失する、自分が罰せられる、

果ては、自分が死ぬ、とさえ考えている。


というわけで、

今日はエアコンの温度をめぐる攻防戦から始まり、

昼休みには〝所有からくる分離の想い〟

を観察し、赦してゆく羽目になった。


誤解を避けるために言えば、赦した結果として、

上記に書いた事柄が全部なくなるのがよい、

ということではない。

また、どんな行動を取るべきかということを、

云々しているのでもない。

兄貴にささげるのは、

心の中で選んでいる〝分離の想い〟だけである。

あとは、兄貴に全部委ねてしまう。


とはいうものの、

〝私は肉体を持った独立した個です。〟

というエゴの根幹にかかわる部分を観るのは、

少々、いや、だいぶキツかった。

おかげで午後はダウン。早退した。(笑)


まあいいや。

幻想を終わらせ、父のもとへと戻るために、

いまできる最大限のことをしてゆくのだ。