香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

すり替えられた殺意


↑ツバメの巣をふんだんに使ったスイーツ


今日の記事の題名、土曜ワイド劇場でやってる

サスペンスドラマのタイトルみたい。(笑)

というのも、

今週はずっと香港事務所で仕事をしていて、

表面上は何もない穏やかな時間を過ごしているのに、

なぜか、心の中には訳のわからない殺意の様な想いが

どんどん湧き上がり、それを全託するのに忙しかった。


殺意と言っても、実際に誰々の命を奪いたい、とか、

誰々が憎い、といった具体的なものではない。


何でもない仕事上の電話応対の裏に、

満員の電車に乗り込んで来た人に対する想いの裏に、

ちょっとした同僚との雑談の裏に、

果ては、この人大好き、という感情の裏に、

反転した殺意が潜んでいることを感じてしまう。


〝面倒くさい〟〝ウザい〟〝ちょいイラ〟〝きらい〟

〝認められたい〟〝勝ちたい〟〝所有したい〟

〝カワイイ〟〝大好き〟〝愛おしい〟〝憎い〟…。

殆どすべての想いが〝殺意のすり替え〟だった

という事実を、頭でなく心で認識したときの驚き。

消えてゆく姿の真理を体得せよ - YouTube
↑この講話が、もっとも解りやすく、
 消えて行く姿を説明していると思う。

昼休み、YOUTUBEで〝消えて行く姿〟と検索し、

出てきた五井先生の映像を片っ端から聴きながら、

まんじりともせず過ごす。


今出てきている想いはすべて過去のものであり、

今の自分のものではない。

ただ、過去の想いが消えて行く姿なんだ。

その思いを丸ごと神に全託せよ、と五井先生は言う。


〝分離の想い〟を観察する。

神を殺してしまった、と思い込んでしまった自分が、

その罪悪感と恐怖を兄弟にすり替えている。

罪深い兄弟を殺すことで自分は赦されると思っている。


そんな勘違い劇場を聖霊兄貴に委ねて行く。


神を殺せるわけなどなく、

殺そうと思ったことすらない。


〝離れてない。起こってない。だから罪はない。〟

〝自分はいない。他者もいない。だから世界はない。〟


ともすれば、ああいうことかな、こういうことかな、

と飛び出そうとする自分も全て全託する。


一日中、こんな事ばかりして給料をいただいている僕。

ありがとうございます。社長!