香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

張りぼて劇場

今日の〝張りぼて劇場〟は、

僕が20年間通い続けたフィットネスジムが、

12日に香港法院から全財産を差し押さえられ、

全館13店舗が閉館となった、という話題である。

500名の従業員の給料が何カ月も未払いのままで、

1店舗につき月額2000万円の家賃も滞納したまま、

10万人にも及ぶ会員の先払い金も返納されず、

社長や役員などが刑事告訴され、逮捕されたりと、

香港ではちょっとした事件となっている。

僕も2年分の利用料を先払いしている為、

残りの1年分が戻ってこない。


それにしても家賃が一店舗2000万円って…。

13店舗分の賃貸料だけで2億6千万円必要となる。

これで給料や水道光熱費等の諸経費を払うと、

全部で、いったい、いくらかかるんだろう。

ひええー。こんなの聖霊でも絶対無理だよう〜。(笑)

結局、経費の補填をする為に、会員から集めた金を、

株やファンドで運用していたが、失敗したらしい。

まあ、山っ気バリバリの香港人らしいな、と思う…。


海の日に合わせ、僕も休日出勤の代休を取った。

本社が休みだと業務が減るので休みやすいのだ。

先週は銀行の人のお接待で疲れた。

銀行の人とのお話はとても楽しかったのだが、

あちこち移動するのが体力的にしんどい。

なので週末は、家でまったり過ごすことにする。

せんべいかじりながら、テレビを見て、映画を見て、

出前のピザを食べ、蝉の声を聞きつつ、昼寝をする。

ひょっとして、専業主婦って毎日こんな感じ?

もし自分が女だったら、絶対専業主婦やってると思う。

(で、旦那は盆と正月にだけ帰る遠洋漁業の人…。)


とまあ、雲のように通り過ぎ、消えてゆく姿として、

これらの想いを静かに観察する。(うう、マグロ獲る人)

この世界はありもしない罪を土台にしているからこそ、

無意味なのだ、と…。

ああ、店じまい、店じまい…。


↑家の近くのジムも閉店ガラガラ
ここ数日、決して肉眼で観察することのできない

背後の世界をやたら強調しているが、

最近更に進み、個人的な背後(心)の世界から、

全他者と共有している〝ひとつの心〟としての背後

という見え方に変容してきている。

誰かと話している時も、分離の想いを赦すときも、

決断の主体の位置に戻るときも、なんと言うか、

前と前でやり取りするのではなく、背後の世界同士で

やり取りしているような、奇妙な感覚になりつつある。

このままいくと、眼前の空間で起きていることが、

意味をなさなくなるのではないか。

ええっ、どうしよう…。(←なんでそうなるねん by 兄貴)