香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

エゴの新秘密兵器


↑公園に集う人たち。でもみんな下向いてる。
香港でもとうとうポケモンGO!が始まってしまった。

会社近くの十字路にチェックポイントがあるらしく、

大勢の人たちがスマホの小さな画面を覗きながら

ゾンビの群れのように徘徊しているのが見て取れる。


香港政府の見解としては、家にいた人たちが、

大勢街に出てくることで飲食店などでの消費が増え、

街が活性化すると歓迎ムードだが、僕にはこれが、

どうしても〝エゴの最新兵器〟にしか見えない。


これまでのように、

メールやLINEのやり取りにのめり込むだけでも、

目の前にいる友人や恋人を無視してしまっていたり、

一緒に歩いている人とはぐれてしまったり、と、

この幻想の世界に僕たちの意識を閉じ込めておくに

十分すぎるくらいだったのに、そのうえGPSアプリで、

リアルに街を彷徨い歩くようになったら、

よい子の僕たちはもう一発で〝アウト〟だよう。


この世界が幻想だと僕たちが気づき始めると、

危機感を覚えたエゴは、

もう一つの魅力的な仮想空間を提供し、

僕たちの意識をその中へと吸引することで、

生き残ろうとする。

でも、エゴという別の何かがあるわけではなく、

どこまでも神から逃げていたい僕たちが、

自分で創作し、やっていることなんだ。

しかし、全ての兄弟を聖霊モードで眺めると、

こういうエゴの仕掛けも、

僕を天国へ連れ帰るためのツールに変わる。


〝天国はここに在るが、スマホの中にはないよ。〟

〝帰っていくのは前側ではないよ。後ろ側だよ。

 矢印は反対。騙されちゃいけないよ。〟


と、たくさんの兄弟たちが、僕の眼前で、

パフォーマンスしてくれているようにしか見えなくなる。


『聖霊は完璧な教師である。

自我は自ら知覚する通りに世界を作り出したが、

自我が作ったものの再解釈者である聖霊は、

あなたを故郷へ連れ帰るための教育の手段として

この世界を見ている。』


というコースの言葉が身に染みる。

きっと、ポケモンをしている人達の姿を通して、

聖霊は僕を教育する。


消えては現われる姿を使って目覚めて行く。

そして、いつかは必ず、全員が終わる。

でもまあ、筋金入りのゲーマーはやはり、雨風のない、

快適な家でゆっくり仮想空間に浸りたいだろうから、

そのうち、このブームも収束する気がする。


あーあ、また台風、来ないかな。

土日に香港を直撃するような、

空気の読めない台風じゃなくて、

平日の朝7時頃から屋内待機警報が出るような台風…。

(↑ボーナスカット! by 社長)