香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

店じまい大感謝セール!


↑シャンプー&カットで30元(450円)だった。
今週木曜日は、

昼まで香港のオフィスで仕事をし、その後、

ペニンシュラの東京三菱銀行で資産証明の打合せ→

昼休みにフェリー乗り場近くのジムで筋トレ→

フェリーで佛山へ→佛山のホテルにチェックイン→

ホテル近くの床屋で散髪→ウイグル麺の夕食→

マッサージ屋で足マッサージ→ホテルでYOUKU

とまあ、素晴らしく充実した一日を送った僕。

でも、翌日は、日本から来ている管理本部長と、

資金繰りの件で、終日打ち合わせで、疲れたのだ。


新しいジムに移ってからは、ハードな筋トレをやめ、

ストレッチや有酸素中心のトレをするようになった。

そのせいか、身体がしなやかに引き締まってきた。


それから、適当に見つけて入った床屋では、

若い理髪師のお兄さんが、すごく丁寧に、

僕の髪を一時間くらいかけてカットしてくれた。

あくる日、ビシッと刈り上げられた僕の髪を見て、

ふぁちゃんが気持ちよさそう、と言って触ってきた。


足マッサージでは、貴乃花親方の元おかみさんである

藤田憲子似の、ちょっとセクシーなおばさんに、

足をマッサージしてもらった。

オイルを使い、太腿から足の指先までを、

まんべんなくマッサージしてくれるのだが、

これがまた気持ちよくて、至福の90分を過ごした。

そういえば、こんなにもちゃんと、

自分の足を感覚化したことなんてなかったな、と思う。

おまけに、僕の太腿の付け根を、セクシーな手つきで、

撫でるように揉み揉みしてくるものだから、

なんだか、ドキドキしちゃった。また行こうっと…。


↑佛山のストリートミュージシャン?
まあ、そうやって、脚や太腿をマッサージされながら、

すでにここにあるハートの中に留まっていると、

ハートの中に留まっている自分さえもが消失し、

ハートそのもの、感じることそのものになっていた。


そして、これからは、

悲しいことがあって泣いていたとしても、

嬉しいことがあって笑ってたとしても、

痛みにのた打ち回っていたとしても、

気持ちよさに酔いしれていたとしても、

自分は何かを感じようとする存在ではなく、

神の子であることをただ知っていて、

ハートの智覚そのものであることをただ解っていて、

その聖性をただ感じているだけの存在でいよう。

それ以外は、騙されているんだと…。


ここがそのままハート(実相)の中だった、

ということを知っている神の子にとって、

幸せなどこかへたどり着く為の算段や、

何かを変えるための努力は必要ない。


たとえ〝ふっと上がってくるもの〟と

同一化することがあったとしても、

それが何だというのだ。

ただ、見つめて、大笑いで笑い飛ばすだけだ。


ただ、経験上おもしろいな、と思えるのは、

「もう別に変わらなくていいや。」

「なんとかならなくてもいいや。」

「熱が出て身体がしんどくても、まあいいや。」

と、心底ここが幻想でVR世界だと自覚されてくると、

逆に、様々な事が変化し、起こり、消去されてゆく。


まあ、僕もまだまだ、

〝店じまい大感謝セール中〟の身であり、

24時間この感覚でいられるわけではないのだが、

一歩一歩、自分の聖霊に付き従ってゆくのだ。