香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ムラムラ装置


↑今日の晩ご飯は貰い物のケーキ2個

昨日、ディスカバリーチャンネルの科学番組で、

受精した卵子が、次々と細胞分裂を起こし、

胎児になる過程を、早送りにした映像を見た。

そのとき、受胎って、なんかビッグバンに似ているな、

と思ったと同時に、肉体は宇宙と全く同じものだった、

という、確信が起きた。


その後、少し経って、あるファンタジーが去来した。


神の子が〝もし神から離れたら〟と考えた瞬間、

神の子は決断の主体に姿を変え、そこから最初の

 0(聖霊)と1(自我)の設定が出現した。

このとき、0は神を代表し、1は神以外を代表する。

もし、0(聖霊)を選んでいれば、

設定は即座に削除され、夢はなかったものとなる。

しかし、1(自我)を選んでしまえば、0と1が交尾し、

そこから無数の0と1の分裂が始まり、

結果、ありとあらゆる0と1でプログラミングされた

宇宙(肉体)が誕生し、

そこから、延々と夢の世界(VR世界)が始まる。


これを受胎に置き換えると、

0(卵子-女性性)に無数の1(精子-男性性)が突進し、

0(卵子)が、ひとつの1(精子)を受け入れたとき、

すなわちエゴを選択したとき、だだだあーっ、と、

ものすごい勢いで細胞分裂が起こり、

結果、無数の個の肉体(宇宙)が造られる。

そして僕たちは、

肉体(宇宙)の中で起きている物語を、

現実空間(目に見えている宇宙)に投影して見始める。

それが夢の投影の開始である。


とまあ、こんな具合でファンタジーに耽っていた。


このように、肉体が宇宙そのものであるならば、

肉体のあらゆる部位や細胞を観察してゆくことで、

エゴの想いを明け渡し、最後に宇宙が消滅する、

というヴィパッサナー瞑想の原理も頷ける。


また、肉体(宇宙)を無限に分裂させるためには、

つまり、多くの肉体を幻想世界に誕生させるためには、

パトス(欲情、快楽、性欲、情念など)が必要だが、

それもハートを利用して行われている。

それは、

性を誘発させる肉体の部位を見れば明らかである。


僕は、男なので、

女性の性欲についてはあまりよくわからないのだが、

この自我が作り上げた幻想世界を維持してゆくために、

産めよ、増やせよ、地に満ちよ、のごとく、

肉体を生み続け、肉体(宇宙)を無限に分裂させる、

という点において、このVR世界は、

男のパトス(欲動)が主導権を握っていると言える。


それでいくと、まず、

男性が女性を見て性衝動に駆られるとき、

必ず、その基となる〝カタチ〟を、

女性の肉体上に見て興奮している。


そして、男性の性衝動を誘発する部位というのは、

大抵ハートの形をしており、胸や尻など、

そのハート型の大小やふくらみ具合に応じて、

男性は訳もなく興奮しイノシシのように突進して行く。


普段、あまり意識したことはないが、

顔には多くの〝ムラムラ装置〟が埋め込まれている。

眉間を中心にして、こめかみから顎にかけた輪郭、

唇の形、鼻の形、両眉と両目の曲線や両耳の形、

また、二人がキスをしている場面を横から見れば

ハート型になるし、それ以外にも、男性器、女性器、

強いて言えば、両手両足を合わせればハート型になる。


こういうふうに、ハート(天国/実相)は、

肉体(宇宙)の至る所に形として投影されており、

僕たちは、ハート型をしたその肉体上の部位を見て、

性衝動を誘発させ、肉体を産みつづけ、

自我の幻想世界を維持している。

いわば、この自我の世界を継続させるために愛し合い、

新たな肉体を生み続けている、と言っても過言ではない。

何が言いたいかというと、要するに、僕たちは、

ハートを利用してエゴの世界を存続させているのだ。


なので、

この自我の幻想の世界を終えよう、と決め、

聖霊を選び始めると、

ハートを自我の世界の継続に利用しなくなる。

よって、新たな肉体を作る必要がなくなる。

〝産めよ、増やせよ、地に満ちよ〟の終焉である。


今後、

ハートをハートそのものとして感じるようになると、

〝なんとかソウル〟や〝なんちゃらレイ?〟などの

〝片割れ探し〟も必要なくなるだろう。


そして、最後に、

自分は何一つ欠けたところのないハートだったのだ、

と、悟るのだ。